Handbrakeの徹底解説!ダウンロード、設定、使い方をまとめ

2021-10-14 / okawareiko

目次

1. Handbrakeとは何か

Handbrake

Handbrake(ハンドブレイク/ハンドブレーキ)とはDVDをMPEG-4ビデオなど高圧縮率のHEVCコーデックの動画ファイルに変換する人気の高いDVDリッピング 無料 ソフトです。マルチプラットフォーム対応し、各形式の動画やDVDソースを変換できて、Mac OS、Linux、Windows OSでも利用できるというメリットで、歴史も長くて人気の高いフリーソフトウェアになります。Handbrake があれば、DVD / ブルーレイ / ビデオファイル(VOB) / MPEG / ISOイメージファイルなどほとんど全ての動画フォーマットから、iPhone / iPad / Android / PSP / AppleTV 向けの動画用の汎用的なMP4動画フォーマットへ手軽に変換できて、DVDやブルーレイの映画、テレビ番組などをバックアップできます。

総じて言えば、Handbrakeはいろいろなメリットがあります。

★Handbrakeのメリット:

○ DVD ディスク、DVD フォルダ、ISO ファイルを入力可能
○ Windows/MAC/Linux OSにも対応
○ 様々な動画をMP4、MKV形式に変換可能
○ タイトル内の特定のチャプターを抽出できる
○ 細かい圧縮設定を行える
○ 完全に無料
○ 必要最低限の機能性は十分に備わっている
○ 画面に設置されている「ヘルプ」ボタンで詳細解説が読める

しかし、無料ソフトとして、機能上や使用上にも制限がいくつあります。

★Handbrakeのディメリット:

○ コピーガード不対応で、コピーガードがかけられたブルーレイやDVDディスクに対応しない
○ 正式の日本語版は無い(日本語パッチを外部サイトからダウンロード必要がある)
○ 出力できる動画フォーマットが少ない
○ 変換するスピードが遅い
○ 再エンコードされるので、出力された動画はサイズが小さくなり、品質も落ちる
○ 操作が初心者にとって難しい

★Handbrakeの対応OS:

Windows 7/8.1/10, Mac OS X 10.11 以降, Ubuntu

★最新バージョンの最小限の使用条件:

CPU:Intel Core 2 DuoかAMD Athlon x2以上
RAMの空き容量:
SD画質のエンコード:256MB以上
HD画質のエンコード:1GB以上
高画質のエンコード:2GB以上
画面解像度:1024×768以上

続いては、Handbrakeのダウンロードから使用方法を見てみましょう。

2. Handbrakeのダウンロード・日本語化する方法を簡単に説明

まずはHandbrakeを試用する前の準備をします。Handbrakeを日本語で起動で使用するには、別途日本語言語ファイルを外部サイトでダウンロードする必要があります。ただし、Hand Brake自体がアップデートした場合は、その日本語かパッチが対応できない可能性が高いです。ですので、英語に全然苦手な方は日本語化する方法を目当てに、英語で使っても問題ないユーザーに対しては、言語を変更せずにそのまま使ったほうが良いかもしれません。さて、Handbrakeを日本語化できる外部サイトや日本語化する方法を見てみましょう。

2.1 Handbrakeの英語版、日本語版をダウンロード

Handbrakeのダウンロード方法はニーズに応じて違っています。一つは英語のオリジナルバージョンをそのままダウンロードすること。もう一つは日本語版もダウンロードできるということです。英語のオリジナルバージョンをダウンロードするには、HandBrakeの公式ホームページ(https://HandBrake.fr/)にアクセスしダウンロードして、ダウンロードしたHandBrakeセットアップファイルをお使いのPCにインストールし実行するだけでいいです。ダウンロードされた英語版のHandBrakeは最新版であり、機能や使用上でも最も便利です。

Handbrake

日本語版のHandbrakeを利用したければ、古いバージョンをダウンロードし利用するしかできません。最新版と比較して古いバージョンのHandBrakeには機能上に制限されていますが、単なるDVDリッピング機能を必要で、簡単な英語にも苦手な場合、古いバージョンでも十分に使用することができます。古いバージョンのHandBrakeはこの〈https://ja.osdn.net/projects/HandBrake-jp/releases/〉にてダウンロードできます。ダウンロードしたら、ディスクの上にある「HandBrake-0.9.4jp-r2-Win_GUI」ファイルをダブルクリックしてから普通のソフト通りにインストールできます。

2.2 Handbrakeを日本語化する方法

Handbrakeの最新のバージョンを利用する必要があり、英語に苦手なユーザーに対して、最新の英語版を日本語化にする方法とかはありませんか。答えはもちろん「あります」。特定の日本語化パッチファイルを日本語工房とかにアクセスしてダウンロードし、最初にダウンロードされた英語版のバージョンに導入すれば、もともと英語のソフトを日本語化にします。

Handbrake

具体的な方法は、まず以上のステップを踏み、最新版の英語のHandbrakeをダウンロードしてからインストールして閉じます。続いて、〈https://www.yukkuriikouze.com/wp-content/uploads/2019/12/HandBrake1.3.x-jp-ver1.0.zip 〉をブラウザに貼り付けて、日本語化ファイルをダウンロードして、解凍します。ダウンロードされたHandBrake1.3.x-jp-ver1.0フ���ルダーをクリックし、表示されたパッチファイルを右クリックして、「管理者として実行」を選択します。コマンドプロンプトが表示されたら、任意のキーを押して、Handbrake最新版の日本語化は完了します。

3. HandbrakeでDVDを動画ファイルに編集/圧縮してリッピングする方法

Handbrakeの対応できる用途は多様にあります。まずはHandbrakeの最も使われている使い方について紹介しましょう。それは、DVD変換ソフトとして、DVDディスクやDVDデータをMP4などの汎用的な動画ファイルに変換することです。基本的使い方をまとめると、「Source」から変換したい動画を選択して、「Browse」から保存先を指定し、「Start」を選択すれば、MP4形式に変換されて保存されます。

具体的には以下のようなスッテプを踏みみましょう。

①  HandBrakeのショートカットをダブルクリックしてソフトを実行します。

②  インタフェースの左下にある「Preferences」ボタンをクリックして、初めにHandbrakeの基本設定をします:

handbrake

○「Output Files」>「Default Path」>「Browse」:変換したファイルを保存する場所を変
○「File Format」を「{source}-{title}」から「{source}」に変更
○「MP4 File Extentison」>「Always use MP4」:出力動画ファイルをMP4に設定
○「Presets」>「General」>出力する動画の画質を設定

  • Fast 1080p30(フルHD画質)→ ファイルサイズ大
  • Fast 720p30(HD画質)→ ファイルサイズ中
  • Fast 480p30(DVD画質)→ ファイルサイズ小

handbrake

○「 」:戻す

③ 「Or drop a file or folder here…」の枠に変換したい動画ファイルをドロップします。

Handbrake

③ インポートしたドソースを自動的解析を待ち、「Start Encode」をクリックし、エンコード処理が始まります。

④ DVDリッピング・変換処理が完了すると「Default Path」に設定した場所に保存されます。

HandbrakeはDVD変換ソフトだけでなく、動画変換ソフトとしても広く用いられています。Handbrakeを利用して動画ファイルを元に他の動画ファイルに変換することや、動画を変換する前に編集、圧縮などの方法も簡単です。動画を編集、または一部のみを変換したいときは、「Source」のところに第三の枠を「Seconds」に変更し、右にある開始時間と終了時間を指定して、「Start」すれば一部のみで変換できます。

4. Handbrakeの代替できるDVDリッピング・変換ソフトオススメ

Handbrakeは優秀な無料DVDリッピングソフトですが、DVD / Blu-ray / その他各種動画ファイル をMP4 / MKV / WebM の動画ファイル及びそれ以外のたくさんの動画ファイルに変換できるDVDリッピングソフトは他にもあります。また、Handbrakeが海外の無料ソフトで、それに、もともと日本語版がなく、日本語化にする必要せいがあるため、第三者の日本語化するソフトを利用する過程や使用する時エラーにめぐり、もしくはウイルスに感染する危険性もあると報告されています。そしてこの節では、Handbrakeを使用する際発生しやすいエラーを避けて、またはウイルスに感染しないようにどのように他の代替できるDVDリッピングソフトを検討しましょう。ここでは機能性を最優先に考えて無料のDVDリッピングと有料のDVDリッピングソフトを2つオススメしましょう。

4.1 DVDリッピング無劣化・無料ソフトオススメ:MakeMKV

Handbrake

MakeMKVはHandBrakeと一緒に、DVDとブルーレイリッピングツールを言う場合に多言及されています。MakeMKVは、メイクMKVまたはメイクエムケーブイとも呼ばれ、 DVDやブルーレイのソースをリッピングしてMKV動画ファイルに変換するDVDバックアップ無料ソフトウェアです。DVDコピーを永久に無料で行えることやロスレスで無劣化のMKVに変換できるというのがMakeMKVの特徴や最大のメリットです。

MKVは、マトロスカのビデオの略で、動画を圧縮せずに再エンコードされる最も汎用的な動画形式の一つです。メタデータの画質を維持できるのがそのメリットで、Windowsコンピュータに搭載するWindows Media Playerや、Macコンピュータに搭載するQiuckTimeや、また、iPhone/iPad/Xperia/Androidなど、すべてのデバイスはMKVファイルとの互換性がないというのが最大のディメリットです。それに、画質を維持できるの代わりに、MKV動画ファイルのサイズが非常に大きいというのももう一つのディメリットになります。

MakeMKVでは交換性の低いMKV形式のみ出力できます。ですので、DVDから変換し出力された画質ロスセスのMKVファイルを再生するには、外部のMKV再生ソフトが必要です。こういう点から見れば、MakeMKVを利用すると少し不便をもたらします。これはMakeMKVのディメリットの一つです。

もう一つのディメリットとしては、MakeMKVは実は無料版と有料版ともあります。DVDソースをコピー・リッピングするのはMakeMKV無料版で永久に無料で行えますが、ブルーレイソースを処理に関しては、30日間だけにソフトを利用できて、30日の試用期限を超えても引き続き利用したい場合、$50を支払う必要があります。また、MakeMKV 公認コードを購入して、MakeMKVの試用期限を延長するという対策も考えられます。

4.2 DVDリッピング無劣化・高機能性・有料ソフトオススメ:DVDFab DVDリッピング

Handbrake以外に、DVDを一般の交換性高い動画への変換に用いられ、実用性と高画質を両方とも保証できるソフト他にもあります。最高の機能性と便利性の代わりに有料になりますが、出力される形式がロスレスMKV形式、Windows Media PlayerやiPhone/iPad/Xperia/Androidなど全てのデバイスでも再生できる汎用的なMP4形式、それ以外にMP3などの音声フォーマットも含み、多くの形式にも気軽に変換できます。画質に拘りのある方はロスレス品質のビデオとオーディオを出力して、動画ファイルのサイズに気になる方はMP4などの再エンコードされた形式を採用し、また音声だけを残したいユーザーのニーズにも満足できてきます。出力される形式と画質は全部あなた次第です。DVDFabが完璧なDVD/ブルーレイバックアップといっても過言ではないでしょう。

Handbrake

DVD Fab DVD リッピングは、DVDをリッピングして主流のビデオ形式及び音声フォーマットに選択可能で変換できます。DVD、ISOイメージファイル、DVDフォルダなどすべてのDVDソースを読み取ることもできます。またビデオの設定や編集オプションも用意され、DVDソースをカスタマイズして自分なりにバックアップできるような機能性満載のDVDリッピングソフトウェアです。有料ソフトといいますが、無料の使用期限も提供されています。30日間の無料試用期限のお陰で、好きなDVDソースを好きなまま変換してパソコンやスハもなどのデバイスにバックアップしてみましょう。

5. まとめ

この記事では無料の多機能のDVD/ブルーレイソースバックアップ無料ソフトHandbrakeについて各方面から色々とご紹介しました。Handbrakeのような機能の多くて無料で簡単に使用できるソフトがあれば、DVDや動画ソースを簡単に変換できてソースをバックアップできます。しかし、無料ソフトはそれなりのディメリットがあるため、機能上にも制限があることは認めざるを得ないでしょう。ですので、Handbrake以外にも、特有の機能に専念し、特有の用途を考えながら、作品をもっと素晴らしく仕上げられるように、一層専用性の高い他のソフトを探す価値もそれなりあると思います。