ホーム > How To> 最適な無料ソフトでファイルをクラウドにバックアップする方法
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション
StreamFab オールインワン
StreamFab オールインワン
1000+のサイトから映画やアニメを無制限にダウンロードできます!
PlayerFab オールインワン
PlayerFab オールインワン
ローカルビデオ、DVD/Blu-ray/UHDディスク、ストリーミング動画を再生できる

最適な無料ソフトでファイルをクラウドにバックアップする方法

2022-04-14 / 管理人Kokoro

ほとんどのコンピューターユーザーはデータのバックアップをとっていません。したがって、何かあったときに大切なファイルを失い、あらかじめバックアップしておけばよかったと後悔することになります。データ損失のケースが非常に多いため、ファイルバックアップの重要性を認識するユーザーが増えています。

クラウドストレージサービスについて

IMG_256

多くのユーザーは、データをローカルディスク、外付けドライブまたはNASにバックアップします。でも、ファイルをクラウドにバックアップするのが一番だと思います。

クラウドストレージサービスは、最近ますます人気が高まっています。ハードディスクを追加する必要はなく、データをそこにバックアップしてから、ローカルにある元のファイルを削除し、ローカルディスクの容量を増やすことができます。数あるクラウドストレージサービスの中でも、Google Drive、Dropbox、Amazon Drive、OneDriveをお勧めします。これらのクラウドはディスクトップアプリケーションがあるため、より簡単に利用することができます。

パソコンにあるファイルをクラウドにバックアップするには、まずクラウドドライブアプリケーションをダウンロードし、インストールしてから、クラウドアカウントでログインする必要があります。 次に、信頼性の高いファイルバックアップソフトウェアを使用して、ファイルをクラウドにバックアップします。

最良の無��クラウドバックアップソフト - AOMEI Backupper Standard

AOMEI Backupper Standardは、ファイルをクラウドにバックアップするのに役立つプロのバックアップフリーソフトです。わかりやすいインターフェースで簡単に操作できます。強力なバックアップ機能に加えて、同期と自動同期の機能もあります:

·Google Drive、Dropbox、OneDrive、Box、SugarSync、hubiC、Cloudmeなどのさまざまなクラウドクライアントをサポートしています。また、ほとんどのNASデバイスをサポートしているため、ローカルフォルダーをSynologyに同期できます。

·「自動同期」機能を使用して、ファイルをクラウドに自動的にバックアップできます。

·Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビットと64ビット)に対応しています。

今すぐAOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールしましょう。

ファイルをクラウドに自動的にバックアップする方法

これから、AOMEI Backupper Standardを使って、ファイルをクラウドに自動的に同期する方法をご紹介します。ここでは、OneDriveへの同期を例とします。

ステップ 1. まず、OneDriveデスクトップアプリをダウンロードしてインストールし、アカウントにログインします。次に、以下の手順でファイルを自動的にクラウドにバックアップします。

ステップ 2. AOMEI Backupper Standardを開きます。「同期」で「ベーシック同期」を選択します。

step1

ステップ 3. 「フォルダを追加」をクリックして、クラウドにバックアップするフォルダを追加します。

step2

ステップ 4. 三角形のアイコンをクリックしてクラウドドライブを選択し、OneDriveを選択して「はい」をクリックします。

step3

step3-1

ステップ 5. 「自動同期」>「自動同期を有効にする」>「デイリー/ウィークリー/マンスリー/イベントトリガー/USB挿入」を選択し、「はい」をクリックします。

step4

※ヒント:イベントトリガーとUSB挿入をご利用したい方は、AOMEI Backupper Professionalなどの上位版へのアップグレードをご検討ください。

ステップ 6. 「開始」を押すと、同期が始まります。進行状況が100%になったら、「完了」をクリックして終了します。この後は、このソフトが設定されたスケジュールのようにファイルを自動的にクラウドにバックアップするので、手間が省けます。

step5

※ヒント:フォルダ内のすべてのファイルをバックアップしたくない場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードし、その「フィルタオプション」により、特定の拡張子を指定/除外してバックアップすることができます。

filter

また、データを保護するには、AOMEI BackupperでファイルをGoogle Driveにバックアップしたり、Dropboxにあるファイルを外付けハードドライブにバックアップしたりすることもできます。

結論

AOMEI Backupperは、ファイルをクラウドストレージサービスに簡単かつ柔軟にバックアップできます。また、プロのファイルバックアップソフトウェアであるだけでなく、強力なSSD移行ツールでもあります。いくつかのクリックだけで、大容量HDDから小容量SSD、SSDからより大きいSSDにクローンすることができます。

AOMEI Backupper Proは、「ディスククローン」「システムクローン」「パーティションクローン」の3つのクローンモードに対応し、再インストールせずにWindows 10をSSDに移行するのに役立ちます。また、ダイナミックディスクのクローンもサポートしています。

Windows サーバーのユーザーであれば、AOMEI BackupperServerをご利用ください。