ホーム > Blu-ray> Blu-rayコピーアルティメットガイド

Blu-rayコピーアルティメットガイド

2021-11-04 / 管理人Kokoro

ストリーミングメディアはトレンドになっていますが、Blu-rayやDVDなど物理ディスクが好きな古い派もいます。しかし、物理メディアなら破損や傷が付きやすいので、Blu-rayディスクをPCに取り込むことを選ぶ人もかなりいます。ここでブルーレイをバックアップコピーする方法、ダビング方法、及びブルーレイからDVDへの変換方法を纏めてお届けします。

「ブルーレイディスク」とは、DVDと同じディスクサイズでありながら、約5枚分の大容量を記録できる光ディスクのことです。ハイビジョン録画を2時間以上収録し、DVDに記録できないハイビジョン録画のクオリティーをそのまま収録できます。青紫色レーザーでデータを読み取ることから「ブルーレイディスク」と呼ばれています。この記事で、無料でブルーレイディスクをコピーする方法を紹介します。

WindowsとMacでBlu-rayディスクをPCに取り込んでコピーする方法

Blu-rayをPCにコピーするすべてのツールの中で、最もおすすめなのはDVDFab Blu-ray コピーです。Blu-rayを別のディスクにコピーしたり、ブルーレイコンテンツをISOファイルまたはフォルダーとしてコンピューターのハードドライブにコピーしたりすることもできます。

DVDFab Blu-ray コピーは、史上初の本格的なBlu-rayコピー機、バーナー、クローン機、ブルーレイ 書き込みソフトです。また、最高のDVDコピーソフトウェアとしても機能します。このツールを使って、Blu-rayまたはDVDをコピーして、他の空のDVDまたはBlu-rayディスクを簡単に作成し、またDVDデータ化、ブルーレイデータ化も簡単です。おまけに、数回クリックするだけでBDコンテンツをハードドライブにコピーします。Windows 10でのBDコピーでも、MACでのBDデータ化でも全てできます。 体験版もあり、まず30日のフル機能体験期間で全ての機能を体験し、体験期限が切れても引き続きBlu-rayコピーフリーソフトとして使えます。

このブルーレイコピーソフトの機能:

  • 幅広いフォーマットのサポート:DVDFab Blu-rayコピーは、特定のフォーマットに制限されることなく、ムービーやディスクを空のディスクにコピーできます。 BD-R 25、BD-RE 25、BD-R 50、BD-RE50などの幅広いディスクに対応しています。Blu-rayをDVD + R / RW、DVD-R / RW、DVD + R / DLおよびDVD-R / DLなどのDVDディスクにコピーすることもできます。このモジュールは、最高のDVDコピーソフトウェアとしても機能します。
  • 選択できる複数のコピーモード:このツールを使用すると、選択できる5つの異なるコピーモードにアクセスできます。使用可能なモードには、フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、クローン/書き込み、および結合が含まれます。必要に応じて、ツールを使用してディスク全体またはディスクの一部をコピーできます。
  • 使いやすいインターフェース:インターフェースは非常に使いやすく、素人でも初心者でもすぐ分かります。ブルーレイコピープロセスにただ2、3ステップでできますが、必要に応じて、出力動画についてチャプター選択や外部字幕追加、ボリュームラベルなどいろいろ設定ができます。
  • ロスレス品質の出力:DVDFab製品は、最新の標準とテクノロジーを満たすために定期的に更新されています。スムーズな処理とロスレス出力品質の点も優れています。

ブルーレイディスクをPCにコピーする方法は?

DVDFabにはコピー、リッピング、変換、作成四つのモジュールがあります。DVD/BDのコピーやデータ化、書き込み、動画変換、ブルーレイをdvdへの変換または逆、すべてを網羅。ここで使うのはそのコピー機能です。さて、DVDFab製品は、Blu-rayデジタルコピーを作成する手順を紹介しましょう。

ステップ1:公式サイトから最新版のDVDFabをダウンロードしてインストールして起動します。

DVDFabをダウンロード(windows)
DVDFabをダウンロード(MAC)

DVDFabを起動し、[コピー]タブを選択して、左上隅の右向き矢印でコピーモードを選択します。ブルーレイコピーに使えるコピーモードは、フルディスク、メインムービー、カスタマイズ、結合、クローン/書き込み5つです。フルディスクとメインムービーは永久無料で使えるBlu-rayコピーモードです。

ブルーレイバックアップ2

ブルーレイバックアップ4

ステップ2: ソースを読み込みます。

ブルーレイディスクを光学ドライブに挿入されると、DVDが自動的に認識されます。または、「+」をクリックするか、ドラッグアンドドロップしてISOファイルをインターフェースに追加することもできます。

ステップ3:ブルーレイをカスタマイズします。

選択されたコピーモードによっては、メイン画面に表示されるオプションもそれぞれですが、「メインムービー」の場合は、映画のタイトル、オーディオ、チャプター、字幕などについて設定することができます。デフォルトで最も長い動画のタイトルを複製しますが、「他のタイトルを選択」をクリックすると、別のタイトルの動画を選択してもいい。「他のタイトルを選択」の右のボタンから出力BDのサイズを選択することができます。

[詳細設定]をクリックすると、詳細設定ダイアログが表示、ボリュームラベルや、コピー方式などを好みに応じて調整することができます。

ステップ4: 出力先を決めてコンテンツのコピーを開始する

ブランクディスクに書き込み場合は、下部の出力先でドロップダウンリストから保存するBDのドライブを選択します。ISOアイコンまたはフォルダーアイコンをクリックすると、それぞれDVDデータとしてパソコンのHDDに保存されます。
保存先を決めたら、右下の「開始」ボタンをクリックして、ブルーレイコピー作業が始まります。進行状況インジケーターを介してプロセスの進行状況が示されます。

ブルーレイディスクをDVDに変換・コピーする方法は?

DVDFab Blu-rayコピーを使って、Blu-rayディスクをDVDにコピーすることができますが、作れたDVDはDVDプレーヤーではなくBlu-rayプレーヤーで再生できます。ブルーレイをdvdプレーヤーで再生できるDVDに変換するには、DVDFabの「ブルーレイDVD変換」(DVDコピーと別売り)機能を使うべきです。

Blu-rayコピーを使ってBlu-rayディスクをDVDにコピーする方法

Blu-rayコピーを使ってBlu-rayディスクをDVDにコピーする場合、DVDFabの起動からBlu-rayソースの読み込みまでは前の部分と同じです。ただし、メイン画面または「詳細の出力サイズでDVD5またはDVD9にします。その後「開始」ボタンをクリックします。

DVDFab ブルーレイDVD変換を使って、Blu-rayをDVDプレーヤーで再生できるDVDにリッピングする手順

手順1:DVDFabを起動して「コピー」を選択し、左上隅で「ブルーレイDVD変換」モードを選択します。

手順2:Blu-rayディスクを読み込み、メイン画面でタイトル、チャプター、オーディオ、字幕を選択・設定できます。さらに、出力するDVDサイズ(DVD9/DVD5)を決めることができます。

「詳細設定」パネルで、出力DVDのサイズ(DVD9/DVD5)を設定してもいいです。また、ボリュームラベルの変更や、テレビ画質をNTSC/PALのいずれかを選択でき、アスペクト比や再生モードを設定できます。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、Blu-rayの好みの部分のみを選択してDVDに変換することができます。

「メニューを設定」をクリックすると、用意されておる各素材を使ってもいい、トップのメニューなしを設定してもOKです。背景変更やテキスト追加も可能です。

手順3:出力フォルダを選択し、「開始」をクリックしてコピープロセスを開始します。
手順4:ドライブからBlu-rayディスクを取り出し、コンテンツのコピー先の空のDVDを挿入します。
ただし、今回は、ファイルをソフトウェアのインターフェイスにドラッグして、コンテンツをDVDにコピーする必要があります。 Blu-rayディスクをDVDにコピーするための出力フォルダとして光学ドライブを選択します。

大きなサイズのBlu-rayをDVDに圧縮する方法は?

ブルーレイディスクのサイズは、DVDのファイルよりも大きい場合があります。大きいサイズのBlu-rayを圧縮してDVDディスクに適切に収まるようにする場合、DVDFabスイートはその目的のための組み込みソリューションを提供します。

DVDFab Blu-rayコピーには、DVDFabがツールスイートで完全に社内で開発したBDシュリンクテクノロジーが付属しています。このテクノロジーは、ディスクをBD25メディアに簡単に取り付けるのに十分に役立ちます。また、コンテンツをDVDDLおよびDVDDLディスクにコピーするための優れたオプションの1つになることもあります。簡単な手順でBlu-rayデジタルコピーを作成するための最善の策です。

このテクノロジーは、次の3つの方法で有効になります。

  • Blu-rayフルディスクからBD-25へ

  • Blu-rayメインムービーからBD-9 / 5へ

  • ブルーレイからDVD-9 / 5

実際、Blu-rayディスクを圧縮サイズに圧縮するために特別に何もする必要はありません。

ちなみに、DVDFab Blu-rayコピーのフルディスクとメインムービーを使ってBlu-rayをコピーする場合は圧縮機能も入っています。

なぜDVDFabブルーレイコピーソフトウェアを選ぶのですか?

DVDFab Blu-rayコピーソフトウェアは、Blu-rayコピー、クローン作成、および書き込みの要件で使用するための優れたソリューションの1つです。ソフトウェアは非常に使いやすく、軽量で機能が豊かです。初心者でも上級者でも快適に使えます。5つの異なるコピーモードが利用でき、フルディスクとメインムービーコピーモードが無料で使えます。

ほとんどのコピーガードに対応しますが、Cinavia保護も復号化できますが、別のCinavia除去ツールと連携する必要があります。

DVDとブルーレイの違い

周知のように、直感的にはブルーレイのほうが画質がいいですが、それ以外に違いはありませんか?                       

ブルーレイバックアップ1            

「ブルーレイ(Blu-ray)」と「DVD」には、大きく分けると次の4つの違いがあります。

1.容量の違い:DVDの容量が単層4.7GB、2層8.5GBなのに対して、ブルーレイディスクは単層で25GB、2層のものでは50GBになります。具体的には、単層のDVDには標準画質で約2時間の録画ができますが、ブルーレイの場合は標準画質で約8時間30分の録画ができます。
2.画質の違い:DVDの画素数は約35万画素なのに対して、ブルーレイの画素数は207万画素になります。単純計算でブルーレイはDVDの6倍弱ほど画質が良いということです。そして、映像を見るときの立体感が明らかに違いはあります。
3.耐久性の違い:ブルーレイディスクはDVDと比べて耐圧強度が弱いです。
4.対応レコーダーの違い:ブルーレイディスクレコーダーはDVDにも互換性があるものが多く、ブルーレイディスク・DVDの両方を再生・録画することが可能です。ブルーレイの場合は専用の機器が必要ということになります。

もはや記録容量に左右されずに、ハイビジョン画質で映画を鑑賞できます。フィルムの質感まで感じられる映像を、1枚のディスクに収録でき、映画館のような臨場感あふれる映像を自宅で楽しめます。高画質で映画を見るために、ブルーレイを選択する方々が多くなります。もちろん、「4K画質」「HDR」「広色域」に対応する4K UHD Blu-rayが登場しましたが、余りにも高価で普及率はブルーレイの方がましです。

まとめ

紙なし、ディスクなしがトレンドになっている今のデジタル時代は、大量のBlu-rayをPCに取り込んでデータ化する人が多い。そして、DVDFab Blu-rayコピーは迅速で効率的にこのタスクを完璧に実行することができ、さらにBlu-rayをDVDに変換してプレーヤーで再生するのにも役に立ちます。Blu-rayコピー、Blu-rayダビング、Blu-ray書き込み、Blu-ray焼く、Blu-rayメーカーの機能を揃える素晴らしいソフトです。
Blu-rayディスクをブルーレイプレーヤに再生できるDVDに変換する場合は、DVDFab Blu-rayコピーを使います。中の一部のコピーモードには圧縮機能が入っています。
Blu-rayディスクをDVDプレーヤに再生できるDVDに変換する場合は、DVDFab ブルーレイDVD変換を使います。

なお、無料でBlu-rayをmp4にリッピングする場合は、DVDFabのリッピング機能を使ってください。