ホーム > How To> window10画像サイズ変更ができるおすすめのツール

window10画像サイズ変更ができるおすすめのツール

2021-11-27 / 管理人Kokoro

iphoneやandroidなどのスマホが普及したことで、私達が写真を撮る機会が増えました。windows10で自分のお気に入りの写真を家族や友人に送る方も少なくありません。しかし、写真の容量が大きすぎて送ることができないという事例が多々見受けられます。解決策は写真のサイズを小さくすることですが、どのように小さくするのか分からない方もよく見受けられます。なので今回は、windows10での画像サイズ変更の方法について紹介していきます。

画像サイズ変更するためのツール

画像サイズ変更ができるツールは多くあります。そんな中から4つを紹介します。

バナー工房

画像を編集する際は、画像編集ソフトをインストールするのが一般的です。しかし、バナー工房の場合では、ソフトをインストールする必要はありません。バナー工房のページから画像サイズを変更することができます。サイズだけでなく、スタンプや文字入れもできるのが魅力的です。バナー工房では、細かい作業が必要になるので大変に感じる方がいるのも事実です。

vanceAI画像リサイズ

AIを利用してより高品質な画像サイズ変更を目的とするのが、vanceAI画像リサイズです。画像を小さくしたい場合には、画質を維持したまま変更ができます。特に、ワンクリックで数秒以内に画像をレタッチできるのが大きなメリットです。すぐに変更した画像を送らないといけない方には、ありがたい機能です。オンラインのサービスを使った場合だと、処理できる枚数が限られてきます。なので、ユーザ登録をする方が有利だと考えられます。

縮小専用AIR

現在では800万ダウンロードを超える人気のアプリになっています。JPEG・PNG・GIFの3つのファイルのみ変換可能です。画像を縮小することに特化しているので、画像を拡大する機能は入っていません。画像を縮小する機能だけではなく、特別な機能も備わっています。例えば、モノクロ化が該当します。

bulk resize photos

bulk resize photosもバナー工房と同様に、パソコンから無料で画像を小さくすることができます。画面は英語で表示されているものが多いですが、日本語で表示されているのも存在します。複数の写真でも素早く作業が行えるのが魅力です。一つ一つ変換しないといけないアプリもあるので、素早さの面ではbulk resize photosの方が便利になります。利用方法はシンプルです。bulk resize photosのページを開くと、画面に画像を入れる枠が表示されています。そこに画像を選んで何%のサイズに拡大縮小するかを入力するだけです。なので、初めてパソコンを使って画像サイズ変更する方に絶賛されています。他にも、背景色や画質などの細かい部分の調整が可能です。

ピクセル数を減らす

windows10のペイントで画像を縮小するには、2つの手段があります。2つの手段の中で、ピクセル数を小さくするのが当てはまります。ピクセル数を小さくすることでファイルサイズも小さくすることが可能です。ファイルサイズが大きすぎると、iphoneなどのスマホで撮った写真を相手に送ることができなくなるケースがあります。なので、ピクセル数を小さくすることは画像縮小できることと写真を送りやすくすることが特徴的です。

ピクセル数を小さくする作業は、短時間で行うことができます。まず、ステータスバーが表示されているかどうか確認しておく必要があります。ステータスバーは「4096×2730」のような表示のことです。ステータスバーが表示されていないと、ピクセル数が確認できません。そうなると、サイズの変更に手間がかかってしまう可能性があります。確認方法は、ペイントの「表示」をクリックして、「ステータスバー」の枠にチェックをつけるだけです。ペイントを開くとホームにページで表示されますが、ホームには「ステータスバー」の枠がありません。しっかりと「表示」をクリックすることを意識する必要があります。

サイズ変更をするには、ホームから「サイズ変更」をクリックします。「サイズ変更と傾斜」が表示されたら、「縦横比を維持する」にチェックがついているか確認します。チェックがされていないと縦横の比が合わなくなり、うまく画像を変更できません。パーセントで調整する場合は、水平方向と垂直方向の数は等しくなります。一方で、ピクセル数で調整する場合は同じになりません。この表示に間違っているのではないかと心配になる方もいます。けれども、誤った比率で計算されているのではないので心配する必要はありません。正確な計算の下、違和感のない写真に仕上げることができます。そして、ピクセルの場合でも、「縦横比を維持する」が影響するので、チェックを忘れてはいけません。調整が完了したら「OK」をクリックします。

ホームのとなりにあるファイルから、「名前を付けて保存」をクリックします。新しいファイル名を入力し、「保存」をクリックします。保存の手順を忘れてしまう方が多くいるので、注意が必要です。名前を付けて保存することでファイルサイズも自動的に小さくなります。ピクセル数を減らすのは、多くの方が行っています。なので、画像を縮小したいときにはピクセル数を減らすことをおすすめできます。

トリミング

画像を縮小する2つ目の方法として、トリミングが該当します。「この画像の細かい部分を切り取りたい」と思うなら、トリミングをおすすめします。トリミングというのは、画像の無駄な部分を切り取ることができる機能のことです。トリミングを活用している方からは、とても優秀な機能として評価されています。トリミングの魅力は自分の好きな部分を切り取れることです。切り取れる形は、四角や丸などの単純な形だけではありません。様々な形で切り抜くことができるので、より自分の望んだ画像に仕上げることができます。実際にトリミングをする際は、以下の手順でトリミングを開始します。

・画像を選択し、「プログラムから開く」をクリック
・「プログラムから開く」から表示されたものから「ペイント」をクリック
・画像が表示されたら「マジック選択」をクリックすると、切り抜きが可能

切り抜きの操作は決して複雑ではありません。主に白い丸の部分をクリックしながら、切り抜いていきます。中央の残った部分が画像になり、周りの部分が切り取られる仕組みです。右側には切り取り方の説明が表示されています。なので、それを頼りに作業を行うのも悪くありません。調整ができたら、右側にある「次へ」をクリックします。すると自動的に四角く囲った部分だけが切り取れるようになります。例えば、猫の写真の猫の部分を囲ったら切り取れるのは猫のみです。この機能はwindows10の「ペイント3D」のみに存在します。ペイント3Dは自動的に切り抜くなどの高度な機能がうかがえます。けれども、猫の周りの部分も少しだけ残しておきたいという方は少なくありません。そのような方のために、マジック選択には「追加」という機能が存在します。この機能を使って残しておきたい部分を追加することが可能です。もし間違った場合は、削除することもできます。追加と削除の2つの機能は、細かい微調整をするための機能として最適です。切り取りが完了したら、「完了」をクリックします。人や動物だけを切り取るために利用する方もいますが、写真の縮小としても便利な機能です。

様々な方法で画像縮小が可能

画像サイズ変更のアプリを登録することで、手間のなく画像縮小が行えます。画像編集ができるサイトもあるので、決してソフトをダウンロードする必要はありません。windows10にもトリミングをしたり、ピクセル数を減らすなどの手段があります。それぞれの手段には特有の機能があるので、自分に合った機能を選ぶことが必要になります。