ファイル、フォルダーやディスクからISOを作成するツールおすすめ

2021-08-27 / Diane

DVDなどのディスク媒体を通じてデータを伝送したり、使用したりする場合、きっとISOファイルを扱うことから逃れられないです。この記事はISO作成の方法を重点にしつつ、ISO関連の知識をまとめています。見ていきましょう。

一、ISOファイルとは?どんな時に役立つ

ISOファイルは一般的に「イソファイル」と発音し、ISOイメージとも呼ばれます。CD、DVD、BD(ブルーレイディスク)などのディスク内容そのものを含めているファイルである。言い換えれば、ディスクの内容全体が、1つのISOに作成することができます。
ディスクをDVDドライブに差し込んで内容を読み込むことと同じように、ISOイメージファイルを仮想ドライブのツールに「差し込む」ことで読み込ませることもできます。この過程はISOイメージの「マウント」とも言います。
従ってISOイメージファイルを「仮想のディスク」で、機能上、物理的ディスクとは完全一致と理解すればいいです。ISOイメージは下記などの場合で使われています。

1. ディスク内容のデータをISOとしてPCに出力し保存する(これはリッピングとも言う)
2. PCファイルをディスクに保存して移動や使用すること
3. ISOイメージを介して、データをほかのディスクに複製し、DVDコピーを作成
4. 特別にISOでデータを駆動する必要の場合、例えば、PCにWindows 10システムを新しくセットアップする際

二、ISO作成をする前に確認するべきこと

1.作業タイプを確認
前述どおり、ISO作成の作業はPCファイルをISOに作成するか、ディスクをISOにリッピングするという二種類に分かれている。多くのISO作成ソフトは片方だけがサポートなので、ツール選択には確認が必要です。

2.ソースディスクのタイプを確認
同じように、ディスクからISOを作成する場合、ディスクのタイプも作成ツールの選定に関わります。ソースディスクはCD、DVD、BD、UHD(4K)のどちらを確認してから、対応可能なツールご選択ください。

3.お使いのディスクドライブのタイプを確認
ドライブのタイプも様々あります。パソコンのドライブを例に取り上げ、主にはDVD-ROMドライブ、DVDマルチドライブ、ブルーレイディスク(BD)ドライブという三種類があります。それぞれは下位のディスクに互換性を持つが、逆はダメです。また、作成済みのISOを空きのディスクに書き込む場合は、ドライブが書き込み機能を持つかどうかを確認する必要があります。

4.ソースディスクにコピーガードの有無を確認
ソースディスクから映画やCD音楽を抽出する場合、出版側は著作権を保護するためにディスクにコピーガードをかけています。であれば、コピーガードに対応不可のリッピングツールでISOが作成できません。ネット上でコピーガードを解除できるリッピングツールも結構あります。法律容認の範囲での利用がおすすめです。

5.書き込み用のディスクのタイプは簡単に確認
作成済みのISOファイルを更にほかのディスクに書き込む場合、書き込みのドライブはもちろん、書き込みのディスクを用意するのも必須です。ディスクのタイプと書き換え回数の関係をご注意ください。CD-R、DVD-R、BD-Rは一回のみ書き込むのができるのに対し、CD-RW、DVD-RW、BD-REは1000回以上の書き換えが可能です。

三、PCファイルからISOを作成するツールおすすめ

1.Windowの人気無料ソフトImgBurn

料金:完全無料
動作環境:Windows
日本語対応:あり
ImgBurnは簡単にDVDコピーを作成できる大人気のソフトです。リッピング、書き込み、複製などDVD作成に関係する機能はとても豊富で使いやすいです。そのほか、このツールを使ってPCファイルやフォルダーをISOに作成する機能もあって簡単に使えます。
この小型ソフトはセットアップ時、日本語でインストールできませんが、公式サイトには日本語UIパックをダウンロードできます。使い方を見ましょう。
1. 上記のリンクからImgBurnダウンロードしてインストール
2. 日本語パックをダウンロードして、ImgBurnの「Languages」フォルダーに入れる
3. 起動して「フォルダーからイメージファイルを作成する」をクリック
4. パソコンにあるファイルやフォルダーを選び、「ISO作成」を始めればいいです。

2.Macの標準搭載ツール「ディスクユーティリティ」(Disk Utility)

料金:完全無料・標準搭載
動作環境:Mac
日本語対応:あり
Apple社のPCを使っているなら、PCにあるファイルやフォルダーをイメージファイルのISOに作成するために、第三者のツールを使わなくてもいいです。MacOS標準搭載のツール「Disk Utility」を使えば、MacにあるフォルダーをiSOに作成することができます。AppleユーザーはMacOSという便利なシステムを使用できるのは本当に幸せです。では「ディスクユーティリティ」でファイルをISOに作成する方法を見ていきましょう。
1. デスクトップのトップメニューから「GO」→「Utility」という順でクリック
2. 続いて「Utility」→「Disk Utility」の順でクリックして機能を起用
3. そしてトップメニューから「File」→「New Image」をクリック
4. 最後に、フォルダーを指定してISO作成を開始すればいいです。
一つ注意したいのは、ImgBurnというツールとはことなり、ファイル自体を直接的にイメージファイルに書き込むことできません。サポートするのはフォルダーです。

四、CDディスクからISOを作成するツールおすすめ

もしあなたはCDを使うことが好きなユーザーなら、問題をきれいに加工することができます。

1. WinCDEmu

動作環境:Window
日本語対応:あり
コピーガード解除:不可
対応可能なディスク:CD、DVD、BD
WinCDEmuは、CD/DVD/BDを読み込めるオーペンソースの仮想ドライブツールです。Windowsで光ディスクイメージをクリックするだけでマウントできます。ISOイメージをダウンロードして、それを空きのディスクに焼かずに使いたい場合、WinCDEmu という小型ソフトを使うのは非常に便利です。
一方、CD/DVD/BDからISOを作成することも簡単です。使い方を見ましょう
1. ISOに作成したいディスクをパソコンのドライブに挿入する
2. 「PC」フォルダを開く
3. ドライブのアイコンを右クリックし、「ISOイメージの作成」を選択する
4. イメージのファイル名をきめて入力する。ファイルを新しく保存する手順とは同じ
5. 「Save」を押して、イメージの作成が完了するまで待つ。

2. AnyBurn

動作環境:Window
日本語対応:あり
コピーガード解除:不可
対応可能なディスク:CD、DVD、BD
AnyBurnは、コンパクトディスクをISOファイルまたは他のイメージフォーマットにコピーすることができます。CD、DVD、またはBlu-rayディスクをサポートしています。コンパクトディスクをISOファイルにコピー・変換する手順をご紹介します。
1. AnyBurnを起動し、「Copy disc to image file」をクリックします。

3. コピーしたいディスクを含むソースドライブを選択します。コピー先のファイルパス名を入力します。コピー先のイメージファイルの種類は、標準のISOファイルに設定してください。そして、「今すぐ作成」をクリックします。

4. すると、AnyBurnはソースコードをISOへの作成を開始します。コピー中の詳細な進行状況の情報を見ることができます。ISOファイルの完了をコピーした後、あなたは「イメージファイルの作成が正常に終了した」というメッセージが表示されるはずです。

五、DVDディスクのコピーガード解除ができるISO作成ツールおすすめ

最初に言っておく必要がありますが、暗号化されたDVDコンテンツの著作権ガードを解除するのはたとえ私的な鑑賞であっても法律違反です。一方、それらを愛用するユーザーも確かに多いです。自己責任で下に紹介された無料ツールをご利用ください。

1. DVD Decrypter

動作環境:Window
日本語対応:あり
解除可能なコピーガード:Macrovision content protection、CSS、リージョンコード、ユーザー操作禁止
完全無料でディスクの暗号化を解除できるソフトウェアです。小型で使いやすくてたくさんのユーザーに愛用されています。このツールを使えば、著作権ガードのかかったディスクでもISOへ作成することができます。使い方を見ましょう。日本語のインターフェースをネットからダウンロードすることができますが、英語のままで行けば十分だと思う。
使い方を見ましょう。
1. ディスクをPCのドライブに入れます。
2. DVDdecrypterを起動し、ソフトが自動でディスクを検出する。
3. 検出後、トップにあるmodeメニューから「ISO」→「Read」の順でクリック
4. 出力の「Destination」を指定し、一番下にある画像ボタンをクリックして始める

2. DVDShrink

動作環境:Window
日本語対応:あり
解除可能なコピーガード:リージョンコード(RC・RCE)
DVD Shrinkは、DVD動画をバックアップできる無料のWindowsツールです。最終バージョンは3.2.0.15(英語)と3.2.0.16(ドイツ語)です。DVD Shrinkの目的は、その名前が示すように、品質の低下を最小限に抑えながらDVDに保存されるデータの量を減らすことですが、品質の低下は避けられません。同時に、特定の地域でのみDVDを再生できるようにするコーディングをできます。
使い方を見ましょう
1. DVDshrinkを起動して「ディスクを開く」というボタンをクリックする
2. ディスクの読み込みが終わると、メニューの「バックアップ」をクリック
3. RC保護がでると、リージョンコードを2「Japan」に切り替える
4. そして出力形式をISOにし、出力先を決めれば、「OK」をクリック

まとめ

上記のツールはISO作成の各種のニーズをカバーしていると思います。しかも全部無料で使用できます。ISO作成の作業を遂行するために、始める前、ちゃんとディスクのタイプとドライブのタイプを確認することをお忘れなく。