ホーム > Top> MOVをMP4に変換したい!おすすめのオンラインツールやソフトを紹介

MOVをMP4に変換したい!おすすめのオンラインツールやソフトを紹介

2021-11-25 / 管理人Kokoro

MOVはAppleによって開発された、iPhoneやMac標準の動画ファイル形式です。MP4は世界で一番よく使われている、OS問わず再生できることが多い動画ファイルです。iPhoneの動画をWindowsのPCで見る場合や、Windowsユーザーと共有する場合はMOVのままだと再生できないかもしれません。まずはMP4に変換しておきましょう。ここではMOVとMP4の、それぞれにおけるファイル形式の特徴や違いをご説明します。さらにMOVからMP4に簡単に変換できる、オンラインツールやソフトをご紹介していきましょう。

MOVとMP4の違いについて

MOVとMP4はともに、動画ファイル形式です。動画は映像データや音声データで構成されています。動画を構成するデータをひとつにまとめて入れておける、ケースのようなものが動画ファイルだと考えてください。その特性から動画ファイルは、コンテナと表記されていることもあります。

動画ファイル形式にはMOVやMP4以外にも、AVIやMPEGそれにWMVなどさまざまなタイプがあります。なにが違うのかというと、利用できるコーデックの種類や画質それに再生するのに最適なOSなどです。

MOVは最初のところでも触れたように、AppleがAppleのデバイスで再生するために開発した動画ファイルです。QuickTime Playerと互換性があることから、QuickTimeムービーファイルとも呼ばれます。Macに入っているQuickTime PlayerやiPhoneでは、簡単に再生できます。しかしWindowsやAndroidに標準で装備されている、マルチメディアプレイヤーでは対応していないこともあるのです。

MP4はMPEG-4規格にもとづいて開発された、動画ファイル形式です。世界中で一番よく名前が知られていて、一番よく使われる動画ファイルいっても過言ではないでしょう。そのため新旧やOSを問わず、ほとんどすべての動画プレイヤーで再生できます。そしてMP4は、MOVを元にして作られました。そのためMOVとMP4には、映像データと音声データだけでなく字幕データも格納できます。またマルチトラックに対応しているといった、類似点があるのです。

MOVからMP4に変換する方法

MOVをWindowsのPCやAndroidのスマホで再生しようとすると、MOVに対応したメディアプレイヤーをインストールする必要があります。みたいMOVの動画が多くある場合はよいでしょう。しかしiPhoneで撮影した動画(自動的にMOV形式で保存される)を、ひとつだけみたい場合など面倒に感じてしまうかもしれません。

MOVはMP4にファイル変換することで、どういったデバイスのどういったプレイヤーでも再生しやすくなります。ファイル変換ときくと、難しく感じるかもしれません。しかし便利なツールを使えば、あっというまに変換が可能です。

・ オンラインツール
・ ソフトウェア

上記2種類の動画コンバーターがあるため、それぞれのおすすめを紹介していきます。またMacで動画を編集する場合は、MP4よりMOVの方が便利なこともあります。この場合もここで紹介するツールを使って、MP4からMOVへも変換が可能です。

MOVからMP4に変換できるオンラインツール

まずはMOVからMP4への変換が無料でできる、オンラインツールからみていきましょう。オンラインツールはサーバーやクラウド上で、ファイル変換されます。ブラウザさえあればOSを問わずに利用できるのが、特徴です。ダウンロードやインストールする必要もないため、ファイル1個から気軽に利用できます。

CloudConvert

CloudConvertは動画だけでなく、音声やPDFなどさまざまなファイルを変換できるオンラインコンバーターです。2021年に公開されて以来、つねに高いセキュリティを保っています。アップロードしたファイルには、アップロードした本人しかアクセスできないようになっています。デバイスからはもちろんdropboxやGoogleDrive、さらにURLやOneDriveからもファイルをアップロードできるのです。

英語サイトでありながら最初にご紹介したのは、変換における詳細なカスタムが可能だからです。動画や音声のコーデックを設定できます。さらに動画のカットや変換後のファイルに、字幕を含めるかどうかなどの編集できる項目が数多くあるのです。CloudConvertの使い方は以下のとおりです。

1. CloudConvertのサイトにアクセスします。
2. 一番上の黒い背景の部分で変換前のファイルを、MOVに変換後のファイルをMP4に設定します。
3. 『Select File』をクリックし、変換したいMOVファイルをアップロードしましょう。
4. MP4と表示される横にあるツールアイコンをクリックし、コーデックなどの詳細設定をします。
5. 『Convert』をクリックすると変換がはじまるので、変換完了後にファイルをダウンロードしましょう。

変換できるファイルのサイズは1日につき100MBで、複数のファイルを同時に変換もできます。

Convertio

Convertioは、300タイプ以上のファイル形式に対応したコンバーターです。日本語に対応しています。変換はクラウド上で行われ、アップロードしたファイルは1日以内に削除されるなど、セキュリティ面でも安心です。

CloudConvertほど項目は多くないものの、コーデックやプロファイルは編集できるようになっています。デバイスからだけでなく、dropboxやGoogleDriveからもファイルをアップできます。Convertioの使い方は以下のとおりです。

1. ConvertioのMOVからMP4変換ページにアクセスします。
2. 『ファイルを選ぶ』からファイルを選択するか、ドラッグアンドドロップでファイルをアップしましょう。
3. 歯車のアイコンから変換の設定をします。
4. 『変換』をクリックするとファイル変換がはじまるため、完了後ファイルをダウンロードしましょう。

100MBまでのファイルに対応していて、同時に複数ファイルの変換も可能です。

H2 MOVからMP4に変換できるソフト
MOVをMP4に変換できるオンラインツールは便利ではあるものの、変換できるファイルのサイズに上限があります。長いMOV動画を変換するのには向きません。大き目のファイルを変換するなら、ソフトウェアを利用するのがおすすめです。ソフトウェアのコンバーターには、オフラインでも使えるというメリットもあります。

Freemake Video Converter

Freemake Video Converterは、ほとんどの機能が無料で利用できるソフトウェアのコンバーターです。もちろんMOVとMP4にも対応しています。MP4に対応したソフトやデバイスでも、コーデックなどによっては再生できずにエラーになることがあります。しかしFreemake Video Converterは、再生する端末を指定したうえで、最適なMP4に変換可能です。

操作画面も使いやすく無料とは思えないほど、機能が充実しています。対応しているOSは、Windowsです。Freemake Video Converterは、以下のとおりです。

1. Freemake Video Converterを、公式サイトからダウンロードしましょう。
2. ダウンロードしたファイルをクリックし、インストーラーを起動して指示に従いながらインストールします。
3. ソフトを起動し左上の『+ビデオ』のアイコンから、変換したいMOVファイルをアップロードします。
4. 下に並ぶファイル形式の一覧から、MP4をクリックしましょう。
5. プリセットから再生する予定の、デバイスを選択します(自分のプリセットを追加も可能)。
6. 必要があれば歯車のアイコンから、コーデックなどをカスタムしましょう。
7. 出力ファイルに変換後の動画を保存したいファイルを設定します。
8. 『変換する』をクリックしましょう。

これだけで指定したフォルダに、MP4に変換された動画が保存されます。

RealTimes Converter

RealTimes Converterは、RealPlayerに付属しているコンバーターです。無料版もありますが、MOVからMP4への変換は有料版が必要になります。ただすでに有料版のRealPlayerをお使いの場合は、新しくコンバーターをダウンロードする必要がありません。またRealPlayerはMOVの再生も可能です。Windowsに対応しています。RealTimes Converterの使い方は、以下のとおりです。

1. 有料版のRealPlayerを購入し、ダウンロード・インストールします(RealTimes ConverterはRealPlayerと一緒に、自動でダウウンロードされます)。
2. RealPlayerを起動し、ライブラリから変換したいMOVファイルをクリックして選択します。
3. 画面下に並ぶメニューから『その他』をクリックし『変換』を選択しましょう。
4. 『変更後のフォーマット』をクリックし、再生予定のデバイスの種類を選択した後、変換後のファイルにMP4を指定します。
5. 保存先のファイルを選択し『スタート』をクリックしましょう。

これだけで指定したファイルに、変換されたファイルが出力されます。

DVDFab 動画変換

プロ仕様の動画変換ソフトをお探しの方には、DVDFab 動画変換がおすすめです。無料版もありますが、対応しているコーデックや出力ファイル形式が限られます。MOVからMP4への変換は、有料版を利用してください。DVDFab 動画変換は多くのファイル形式に対応しているだけでなく、動画編集機能も充実しています。対応しているOSはWindowsです。DVDFab 動画変換の使い方は、以下のとおりです。

1. DVDFabの公式サイトで、DVDFab 動画変換を購入しダウンロード・インストールします。
2. ソフトを起動し、画面上に並ぶメニューから『変換』を選択します。
3. 画面中央の『+』をクリックするか、ドラッグアンドドロップで変換したいMOVファイルをアップロードしましょう。
4. 出力したいプロファイルやデバイスを選択した後、変換後のファイル形式にMP4を選びます。
5. 必要があれば詳細設定から変換後ファイルのカスタムをしたり、編集からエフェクトなどを追加したりしましょう。
6. メイン画面で出力先のフォルダを選択してから、『開始』をクリックします。

iMovie

Macユーザーの方は、iMovieでMOVをMP4に変換できます。iMovieはMacに標準にて付属している動画ファイルコンバーターで、動画編集等にも利用できるのです。iMovieの使い方は以下のとおりです。

1. iMovieを起動します。
2. 『+』ボタンかドラッグアンドドロップで、変換したいMOVファイルをソフトに取り込みましょう。
3. 右上の『保存』をクリックし『ファイル』を選択します。
4. 表示されるウインドウの『品質』の部分を、『高』か『中』もしくは『低』に設定します。
5. 『次へ』をクリックし、ファイルの保存先を選択したうえで保存しましょう。

iMovieでは保存する際の品質を指定することで、自動的にMOVをMP4に変換が可能です。

まとめ

MOVはAppleのデバイスで再生したり編集したりするためにつくられた、ファイル形式です。最近ではWindowsやAndroidで、使えるメディアプレイヤーでも再生できるようになっています。しかしまだまだエラーになって、困ることも少なくありません。MOVファイルをどのデバイスでも再生できるようにするには、MP4にファイル変換するのが一番早いでしょう。ここで紹介したようなオンラインツールやソフトを使えば、簡単にMOVをMP4に変換できます。