【 2021年版 】動画の音声をMP3に変換するソフト5選

2021-10-08 / houxinzhe

Youtubeの普及以降、急激に増えた動画を見る機会ですが、その動画の中には「音声のみ」を聞きたい動画も多く含まれています。

YouTuberを始めとした動画クリエイターも厳しい競争を勝ち抜くため、「画面を見なくても理解できる」動画もたくさん作り出しているからです。

日本ではまだまだ普及していませんが、車社会のアメリカでは古くから「オーディオブック」という「耳から聞く本」が広く使われていました。

音楽やセミナー、ラジオ的な動画なら音声にしてスマホに入れておけば散歩や家事の最中に聞くことで時間を節約出来ます。

今回はそんな動画の音声をMP3に変換するソフトをご紹介します。

1. DVDFab 動画変換

一番のオススメはこちら、DVDFab 動画変換です。

DVDのリッピングやコピー、動画ファイルの形式変換など幅広い機能を持つこのソフトでは、動画を音声にすることも可能です。

MP3以外の形式にももちろん対応していますので、音楽動画などの音声をより高品質で変換したいときにも頼れるソフト。

使い方
1. 画面上部メニューの「変換」をクリック。



2. 下記の画面に遷移しますので、カスタムのドロップダウンメニューからMP3を選択して開始ボタンをクリック。

3分ほどの動画の変換に要した時間は3秒ほど。処理が高速なのもこのソフトの魅力です。

残念な点
動画からMP4/mkvに変換するのが無料だが、MP3への変換は有料。

2. Realplayer

こちらは古くから動画再生用に使われているソフト。

様々な動画や音声のファイルをMP3に変換することが出来ます。

使い方
1. 起動してメイン画面上部の「ライブラリ」をクリック
2. 左側の「動画」から、変換したい動画を右クリックして、編集→変換。
3. MP3を選択して、スタートをクリック

残念な点
・公式サイトのダウンロードが時間がかかる。
・操作が分かりづらい。
・動作が若干重い。

3. Aconvert

Aconvertはパソコンにインストールする「ネイティブアプリ」と呼ばれるソフトに対して、インターネット上で動作する「Webアプリ」と呼ばれるソフト(サイト)です。

ソフトのインストールが不要なので、出先や友人のパソコンでも作業が可能なのが嬉しいポイントです。

使い方
1. 「ファイルを選択」をクリックして変換したい動画や音声ファイルを選択。
2. 「ターゲットフォーマット」からMP3を選択。
3. 「今すぐ変換ボタン」をクリック。

残念な点
・動画をネット上にアップロードするため、時間がかかる。
・同様の理由で処理に時間がかかる。
・プライベートな動画の場合、アップロードする際の安全性に懸念が残る。

4. Flvto

FlvtoもAconvertと同じくオンライン上で動作するWebアプリです。

動画サイトの動画をダウンロードできることでも有名です。こういったサイトを使わないとダウンロード出来ない動画サイトの動画は、ダウンロード自体が禁止されている場合が多いので利用者側で注意が必要です。

使い方
1. 「Choose file」で変換したい動画をパソコンの中から指定。
2. 「MP3」が指定されていることを確認して「化す」をクリック。(変換するという日本語の誤訳だと思われます。)

残念な点
・動画をネット上にアップロードするため、時間がかかる。
・同様の理由で処理に時間がかかる。
・明らかに不自然な日本語訳で、その安全性に不安が残る。

5. XMedia Recode

XMedia Recodeは様々な動画や音声ファイルをMP3に変換できるソフトです。変換機能だけでなく、編集機能も用意されているのがポイント。

使い方
1. 「ファイルを開く」から変換したい動画をクリックし、「リストに追加」を選択。
2. 形式をMP3にして「エンコード」をクリック

残念な点
・ユーザーインターフェイスが簡素で初心者にはわかりにくい。
・操作が複雑。

どのソフトを選ぶべきか?

ネイティブアプリ、Webアプリを合わせて5つご紹介しましたが、実際にどれを使うべきなのでしょうか。

結論から申し上げれば、最初にご紹介したDVDFab 動画変換が最もオススメの一本になります。

DVDFab 動画変換をオススメする理由

・圧倒的に見やすいユーザーインターフェイス
・幅広い形式への対応
・編集機能の充実

圧倒的に見やすいユーザーインターフェイス
近年のパソコンソフトは基本的な機能の部分ではあまり差がつかなくなってきました。ですが、ソフトの優劣ははっきりと存在します。

その最も大きな要因の一つが「ユーザーインターフェイス」。

DVDFab 動画変換のユーザーインターフェイスはひと目見れば誰でもわかるほどシンプル、簡潔で迷うことが一切ありません。

動画の音声をMP3にする行為それ自体はクリエイティブでない「作業」です。無駄な時間をかけないことが大切です。

幅広い形式への対応
近年では一般の方でも実に様々な形式のファイルを扱います。ソフトによっては対応できない形式に出会うこともあり、またソフトの探し直しです。
DVDFab 動画変換では一般的に出回っている形式のほぼ全てをカバーしていますので、これ一本で今後の変換にも十分対応できるでしょう。

編集機能の充実
実は非常に重要なのがこの編集機能です。演説の動画ならそのまま音声にしても問題ありませんが、セミナー動画やバラエティなど、「画面を見なくては理解できない部分」、つまり「音声にするときはカットしたい部分」がかなり存在します。こういった部分をカットすることで「無音もしくは理解できない部分を聞き続ける」という問題を解決できます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。忙しい現代人にとっては移動や家事、作業の時間を有効活用できる「耳からの情報収集」はとても重要です。ラジオやポッドキャストでもその機能は果たせますが、オンデマンド性、効率性の観点から言うとやはり自分で聞きたいコンテンツを聞きたいもの。是非DVDFab 動画変換を使って、好きな動画を音声にし、スマホに入れて日々の情報収集を充実させてください。DVDFab 動画変換は有料のソフトではありますが、ほぼすべての機能を使える無料版も用意されています。

まずはダウンロードして使ってみて、気に入ったら有料版の購入を検討すると良いでしょう。

きっと長く使えるソフトになりますよ!