ホーム > Blu-ray> Aiseesoftでブルーレイをコピー&作成!機能や特徴、使い方について解説

Aiseesoftでブルーレイをコピー&作成!機能や特徴、使い方について解説

2022-01-04 / 管理人Kokoro

ブルーレイを作成するソフトには様々な種類があり、ソフトを開発するメーカーも国内・海外を問わずたくさんあります。
その中でも、Aiseesoftというメーカーのソフトが注目されています。
今回の記事では、「Aiseesoft ブルーレイ作成」の機能や特徴、ダウンロード、使い方、評価などについてご紹介していきます。
Aiseesoft ブルーレイ作成に興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

Aiseesoftとは

Aiseesoftは、データ復元ソフトや動画に関連したソフトを多数販売している海外のソフトウェアメーカーです。
中国発のメーカーですが、現在は世界中で商品を販売しています。
海外のメーカーのソフトは言葉の表記がおかしかったり、日本語のマニュアルがなかったりしますが、Aiseesoftのソフトはどちらもしっかりと対応しているのは嬉しいポイントです。
日本語の表記もきちんとしていて、マニュアルも日本語で分かりやすく作られています。
ソフトのほとんどに無料体験版が用意され、Mac版でも使用できるため多くのユーザーから人気を集めています。

Aiseesoft ブルーレイ作成の概要

Aiseesoftでブルーレイ をコピー&作成1

「Aiseesoft ブルーレイ作成」は、ブルーレイ作成・オーサリングソフトです。
MP4やAVI、MTS、MOV、WEBM、RMVB、MKV、MXFなど様々な動画形式からブルーレイに書き込みを行い、ブルーレイレコーダーで再生できるものを作ることが可能です。
主に、動画の編集や字幕トラックや音声トラックの追加、ブルーレイメニューの作成など幅広い機能を持っています。

Aiseesoftブルーレイ作成には無料体験もある

Aiseesoftブルーレイ作成には無料体験版も用意されています。
無料版の場合、作ったブルーレイ作品にウォーターマークが表示されます。
ライセンスを購入することでウォーターマークが消えたり、さらに多くのメニューテンプレートをダウンロードしたりすることも可能です。
初めて使う人はお試しで無料版を使い、慣れてきたら有料版に移行すると良いでしょう。

Aiseesoftブルーレイ作成の機能

Aiseesoftブルーレイ作成には、様々な機能があります。
具体的にどのような機能があるのか解説していきます。

ブルーレイディスクに書き込む

ビデオカメラで録画した映像やインターネット上からダウンロードした動画であっても、ブルーレイに作成することが可能です。
一般的なビデオ形式からブルーレイディスクに書き込みを行い、新しいブルーレイディスクを作れます。
作ったブルーレイはPS3、Sony BDP-S5、Samsung BD-F、LG ElectronicsBPなどで再生できます。

ブルーレイ フォルダ/ISOファイル作成

ローカルに保存したMKV、AVI、MP4、WMV、MXFなどのビデオをブルーレイフォルダ、またはISOファイルに作れます。
作ったブルーレイフォルダ、ISOファイルはパソコンローカルディスクに保存されるので、大量のブルーレイディスクを買わなければいけないということもなくなります。

ブルーレイビデオを編集

様々な編集機能で動画をカットやクロップ、映像のコントラストや輝度なども編集できます。
他にもテキストや画像のウォーターマークを入れたり、トラックや字幕を追加したりすることも可能です。

・オリジナルのブルーレイメニューが作れる
Aiseesoftブルーレイ作成には、色々なメニューテンプレートが用意されています。
好きなように背景を変えたり、音楽を追加したりして自由な発想で作成できます。
音楽に関しては、オーディオファイルのインポートが可能です。
他にも、字幕としてSRT、SSAとASS形式などのファイルを動画ファイルに入れられます。

・スナップショット
内蔵しているスナップショットの機能を使うと、ビデオを再生した時気に入った画面を保存できます。

・プロファイルの設定
解像度やビデオエンコーダー、ビットレート、オーディオエンコーダーなどの出力パラメータを変えられます。

Aiseesoftブルーレイ作成のダウンロードや登録方法

Aiseesoftブルーレイ作成を利用してみたい方は、下記のダウンロード・インストール方法や登録方法などを参考に活用してみましょう。

ダウンロードとインストール

Aiseesoft公式サイトのダウンロードボタン、もしくは製品ページからブルーレイ作成ソフトをダウンロードしてください。
そこで保存した「.exe」のファイルをダブルクリックし、画面の説明に従いながらインストールを行います。

起動と登録

メインインタフェースの右上に表示されている「登録」のボタンを押すかヘルプメニューで「登録」オプションを選ぶと、登録ウィンドウが開きます。
そこで表示された内容を入力し、「登録」ボタンを押せば完了します。
有料版を購入する場合は、購入ボタンをクリックするか製品のページから直接購入できます。

ブルーレイに動画を焼く

Aiseesoftブルーレイ作成のダウンロードが完了したら、さっそくブルーレイに動画を焼いていきましょう。
パソコンにブルーレイドライブを接続し、空のBlu-rayディスクを入れてください。
インストールしたAiseesoftブルーレイ作成を起動してください。
メニューバーの「ファイルを追加」を押してBlu-rayディスクに書き込みたいビデオを読み込みましょう。
ビデオファイルを確認したら、「字幕」もしくは「オーディオトラック」を押してください。
「オーディオ」の下にある「追加」アイコンを押し、出力オーディオとして有効なオーディオトラックを選びます。
バーをドラッグすることで、設定を変えられます。
ビデオをカットしたい場合は、「カット」を押してください。
動画の開始時間や終了時間を設定することができます。
自分の好きな部分のみ切り取ることも可能です。
もし編集をしたい場合は、「編集」を押してください。
ポップアップウィンドウから「効果」や「クロップ」、「ウォーターマーク」などの機能を使えます。

ブルーレイメニューを作る

Aiseesoftブルーレイ作成では、オリジナルのブルーレイメニューを作ることができます。
メニューパネルの右上の端にある編集ボタンをクリックし「メニューを編集する」ウィンドウを開いてください。
ダイアログの左上にあるドロップダウンボタンを押すと、「メニュー」「フレーム」「ボタン」「テキスト」の4項目があります。
こちらではさらに、背景音楽・背景画像・メニュー再生のループ時間についても解説していきます。

メニュー

メニューダイアログには多彩なメニューテンプレートが用意されていて、自分の目的に合ったメニューを作れます。
選んだものをダブルクリックすると、右のプレビューエリアに表示されます。

フレーム

ブルーレイメニューに様々なフレームのスタイルを追加することも可能です。
プレビューエリアでフレームをクリックして左にあるテンプレートから1つを選んでダブルクリックします。
効果は右側のプレビューエリアで表示されます。

ボタン

各種のボタンから、ブルーレイメニューに選べます。
プレビューエリアで好きなボタンをテンプレートから選んでダブルクリックしましょう。

テキスト

ブルーレイメニューにタイトルを付けることもできます。
プレビューエリアでタイトルを選び、テキストコンテンツの横にあるテキストボックスにテキストを入力して名前を変えます。
フォントを選択するとフォントが変えられたり、色ウィンドウではフォントの色を変えたりすることも可能です。

背景音楽

背景音楽を付けるには、バックグラウンドミュージックのオプションを選んで、バックグラウンドミュージックの隣にある「参照」ボタンを押すと、そこから好きな音楽を選べます。

背景画像

背景は像のオプションを選んで、背景画像フィールドの隣にある「参照」ボタンを押すと、そこから好きな画像を選ぶことも可能です。

メニュー再生のループ時間

0~99秒でメニューの再生ループ時間を決められます。
アップとダウンアローを押すか、直接数字を入力してください。

Aiseesoftブルーレイ作成の評価

Aiseesoftブルーレイ作成の評価については以下の通りです。

“これがあれば超簡単にブルーレイビデオを作れてとても便利です。自分で編集した動画も書き込めます。”

“かなり高機能で、つかいこなせれば自分の思い通りのブルーレイを作れます。すごくいいので、オススメです!”

“非常に優秀なブルーレイ作成ソフトで、操作性も設定もシンプルで非常にわかりやすく作られています。素人の私でも使えます。”

引用:Aiseesoftブルーレイ作成ユーザーレビュー

このように、高機能かつ操作もシンプルで使いやすいという声が多く聞かれました。
初めてブルーレイを作成するという人でも簡単に使えるでしょう。

今回は、Aiseesoftブルーレイ作成の機能や特徴、ダウンロード、使い方、評価などについてご紹介してきました。
このソフトを使えば、初心者の方でも簡単にオリジナリティのあるブルーレイを作れます。
無料体験版も用意されているので、最初は無料版で機能を確かめてみるのも良いでしょう。
Aiseesoftブルーレイ作成を使いこなして、自分の好きなブルーレイ映画を作ってみてください。