コピーガードがかけられたDVDやBlu-rayをコピーする方法...?

2021-09-13 / Sahil Sharma

DVD・Blu-rayをコピー・リッピングする時、如何にDVDのコピーガードを解除してDVDデータをPCに取り込むのかは課題です。handbrakeのようなコピーガード解除フリーソフトを使って、レンタルDVD/BDをコピーする場合は、コピーガードが解除されたことがばれますか?ほとんどのdvd保護解除ソフトはただコピーガードを避けてDVDデータを取り出すだけなので、暗号化されたDVD・ブルーレイディスクを復号化してコピーされたことがばれません。コピーガード解除といっても、あくまでも元ディスクの保護を無効にするか、そのデータをダビングやコピーするだけです。元DVDやBlu-rayに影響を及びません。ここでDVDのコピーガード、例えば、リージョンコード、CSS、UOPなど、を解除できるいくつかソフトを紹介します。

ただし、2012年以降、個人用のためでも、無断でDVDやBlu-rayのコピーガードを解除してコピーするのが著作権侵害になって、違法となります。

まず、DVDコピーガードの定義から説明しましょう。

1.DVDコピーガードとは?

コピーガード(Copy protection)は、著作権侵害対策として、DVD/BD,VHSなど映像メディア、あるいはCD、MDなどの音楽メディアのコンテンツが不正にPCまたは別のディスクにコピーされないように、何等かの技術手段でディスクの内容を暗号化して保護するものです。いくつかの異なるタイプのコピー防止技術があります。

2.よく見られるBD/DVDコピーガードの種類

市販/セルのDVDやBDであっても、レンタルDVDやブルーレイディスクであっても、DVDやBlu-rayレコーダーで録画した番組をダビングしたDVD/ブルーレイであっても、すべてコピーガードがかかっています。

要するに、自作のDVD・Blu-ray以外、ほとんどのdvdやBlu-rayディスクに暗号化され、これらのコピーガードを解除するには、専用の保護解除ソフトが必要となります。一部のdvdコピーフリーソフトにもコピーガード解除機能もありますが、対応のコピーガードが少ないし、そしてほとんど最新のコピーガードに非対応。安心で簡単にDVDやBlu-rayのディスクのコピーガードを解除するには、やはり市販のコピーガード除去ソフトがおすすめです。

RC-地域コード又はリージョンコード

これは、広く使用されているコピー防止技術の1つ、このコピーガードに保護されたDVDは、特定の地域でのみ再生できます。次の表は、各地域のDVDリージョンコードを示します。

リージョンコード

範囲

0

「ワールドワイド」を意味する非公式な用語。リージョン0は公式の設定ではありません。リージョン0の記号が付いているディスクには、フラグが設定されていないか、リージョン1〜6のフラグが設定されています。

1

カナダ、米国;米国領。バミューダ

2

西および中央ヨーロッパ;西アジア;エジプト、日本、南アフリカ、スワジランド。イギリス、トルコ、フランスの海外領土

東南アジア;韓国;台湾;香港

4

オーストラリア;オセアニア;中南米;カリブ海;メキシコ

5

ウクライナ、ベラルーシ、ロシア、アフリカ、中央および南アジア、モンゴル、北朝鮮。

6

中国、香港

7

将来の使用のために予約済み(MPAA関連のDVDの保護されたスクリーナーコピー、およびアジアでのプレリリースの「メディアコピー」で使用中)

8

航空機、クルーズ船などの国際会場。

すべて

リージョンALLディスクには8つのフラグがすべて設定されているため、どのプレーヤーのどのロケールでもディスクを再生できます。

RCAまたはRCE暗号化を含むディスクは、高度または拡張された地域コード制限としても見つかる場合があります。

CSS

CSS(コンテンツスクランブルシステム)はDRM保護の一部であり、市販やレンタルのDVDでよく使用されているDVDコピーガードです。CSS保護には、認証キー、ディスクキー、プレーヤーキー、タイトルキー、保護されたディスクキーセット、暗号化されたタイトルキーなどのさまざまなキーが含まれます。

Blu-rayに使われている「AACS」は「CSS」というプロテクトと同じような仕組み、フリーソフトでも簡単に解除できます。

UOPまたはユーザー操作保護

これは、ユーザーがディスクに対して視聴する以外他の操作は一切禁止するためのDRM保護技術です。UOPは通常、インタラクティブDVDで使用され、異なるセクションにジャンプしないようにします。インタラクティブなセクション間をジャンプすると、そのようなDVDで混乱する可能性があります。

ソニーARccOSプロテクション

ソニーによって開発された保護方法であり、CSSに加えて追加のレイヤーを利用するコピーガードです。DVDをコピーすると暗号化されたDVDに破損セクターが作成され、エラーが発生してDVDのコピーを阻止します。ただし、いくつかの復号化オプションを使用すると、DVDコピー保護をバイパスすることが簡単です。

APS(Analog Protection Syste)
DVD映像を録画する時、ノイズを発生させる仕組みです。録画までも防げます。

RipGuard

マクロビジョン社が開発した、不正にDVDをコピーするとエラーが発生させるデータを埋める仕組みです。解除するには少々難しいです。

レイヤーブレイクはDVDコピーガードではないが、切り替わる際間違えると、無音

CPRM(Content Protection for Recordable Media)

デジタル放送の映像は一回のみ録画可能、しかもCPRMに対応したDVDのみ録画できます。録画したDVDは別の記録メディアにコピーできなくなる著作権保護技術の一つです。レコーダーで録画した映像をdvdにダビングする場合は、元の映像は消去されます。ほとんど日本のみで使われるDVDコピーガードです。

AACS(Advanced Access Content System)‐BD用

レンタルbdを含む市販のBDに使用され、BDレコーダーで録画した番組をダビングしたBlu-rayにもAACSがかけられます。映像コンテンツのプロテクト規格の一つです。

通常のコピーガード対応のdvdコピーソフトは上記の一部又はすべて対応できますが、cinavia透かしを除去しようとするなら専用のcinavia除去ソフトが必要です。

次はDVDコピーガードが対応できるいくつかDVDコピーフリーソフトを紹介します。

DVDコピーガード対応のDVDコピーフリーソフト

DVDShrink

対応OS:Window
対応コピーガード:APS、CSS、UOPs、RC/RCE

DVDShrinkは完全無料なコピーガード解除ソフトとして、すでに開発終了になっていても、引き続き利用でき、一部のdvdコピーガードを解除できます。ただし、「Rip Guard」や「ARccOS」、最新のコピーガードがかけられたDVDはコピーできません。

HandBrake

対応OS:Window
対応コピーガード:APS、CSS、UOPs、RC/RCE

DVDを別の動画にリッピングするうち、一部のDVDコピーガードも解除できます。ですが、最新のdvdコピーガードを含むDRMなどの暗号技術によって保護されたDVDを解読できない場合は多い。

DVD Decryper

対応OS:Window
対応コピーガード:APS、CSS、UOPs、RC/RCE

知名度が高いDVDコピーフリーソフトですが、すでに開発終了になっています。技術的保護手段としてのコピーガードを解除できますが、設定しておく必要があります。これらの設定は日本で違法となります。おまけに、無料なDVDコピーソフトなので、最新のDVDコピーガードを解除できません。

DVDFab HD Decrypte(一年前に発売されたディスク)

対応OS:Windowとmac
対応コピーガード(一年前に発売されたディスク):APS、CSS、UOPs、RC/RCE、ARCCOS、RipGuard、AACS、BD+、CCI

完全無料なDVDコピーソフトの中で、対応するコピーガードが最も多いものです。DVDFab HD Decrypterは、今でも定期的に更新されています。いいところは、Blu-rayのコピーガードも解除できることです。一年前のディスクは無料で対応します。ただし、アダルトDVD動画や最新のDVDコピーガードを解除するには有料バージョンにアップグレードする必要があります。上記でリストされていない保護、例えば、CPRM 解除も解除することができます。DVDFabにはもっと多くの機能がありますが、有料でしか使えない機能もあります。しかし、DVDFabの製品版の最大の特徴は、すべての機能は30日間の無料体験期間を提供することです。この期間で、DVDFabを購入したと同じですべての有料機能を無料で体験できます。

WinX DVD Ripper Platinum(5分間無料体験)

対応OS:Windowとmac
対応コピーガード:CSS、UOPs、RC/RCE、ARCCOS、AACS、BD+

WinXに関する記事で常にそのソフトをフリーソフトとともに紹介しますが、実はこれは有料なソフトです。WinX DVD Ripper Platinumには無料機能がほぼありません。体験版を使うと、普通の暗号解読機能は5分間しか体験できず、最新のコピーガードには全然対応しません。処理スピードと動画品質を高める機能も使えず、バージョンアップすらできません。製品版ならコピーガードに対応します。ですからフリーソフトを望んでいる方に期待を外すでしょう。

著作権保護されたDVDを作成できますか?

DVDやBlu-rayのコピーを防ぐために著作権保護/コピーガードがデザインされましたが、これらの暗号化されたディスクを解読するソフトも必ず現れますね。DVDコピー・リッピングフリーソフトウェアなら暗号化されたDVDを作成するなら無理でしょう。DVDコピー、DVDリッピング、DVDダビング、DVD書き込みはやはり市販のプロのdvdコピーソフトウェアがおすすめです。

保護されたDVDムービーを無料でコピーする方法は?

DVDをコピーするソフトはいくつかありますが、ここでDVDFabを例にとりましょう。
DVDFab製品にはDVDコピーと、DVDリッピングと、Passkey三つのツールがコピーガードを解除できます。

DVDFab DVDコピーでDVDコピーガードを解除する

DVDFab DVDコピーにより、DVDを読み取って空のディスクにコピーしたり、ハードドライブに保存したりすることもできます。ですからDVDコピーとDVD書き込み両方で機能します。DVDデータの取り出しや、DVDデータをpcに取り込む方にとっては不二の選択です。DVD + R / RW、DVD -R / RW、DVD + R DL、DVD-R DLなどの複数のフォーマットをサポートします。

このコピーガード解除ソフトの機能

  • 無限コピーオプション– 強力なDVDバックアップツールです。DVD 9からDVD 5に、またはその逆にファイルを圧縮してコピーできます。DVDのクローン作成、ブランクディスクDVD書き込み、ロスレスDVD出力などが可能です。
  • 複数のコピーモード–6つの異なるモードでハイエンドの柔軟性を提供します。DVD全体またはその一部をコピーでき、動画を結合や分割、圧縮機能が入る・入らないのを選択できます。
  • 簡単なコピーオプション– 標準なDVDコピーソフトウェアであり、ユーザーフレンドリーなインターフェイスと多言語サポートを提供します。オーディオと字幕のオプションは、優れたオプションの1つです。後の段階でエラーを回避するのに役立つコピープロセスを示すレポートにアクセスできます。

DVDFab DVDコピーを使用してDVDをコピーする手順

ステップ1 –ソフトウェアをインストールして起動する

DVDFabをダウンロード(Windows)
DVDFabをダウンロード(Mac)

DVDFab ソフトウェアをダウンロードして起動後、上部のオプションから「コピー」を選択します。

ステップ2 –ファイルを追加する

ドライブにDVDディスクがセットされた場合は、自動的に認識されます。DVDデータの場合は「+」をクリックして追加するか、直接DVDデータファイルをソフトにドラッグアンドドロップします。

ステップ3 – DVDを設定する

「詳細設定」をクリックして、出力品質、含めるセクション、ナビゲーションなどの設定について、必要に応じて変更を加えることができます。

ステップ4 –コピープロセスを完了する

下部のISOまたはフォルダーアイコンをクリックして、DVDをパソコンに取り込むことになります。DVDドライブがある場合は、書き込みたいドライブを選択します。出力フォルダを選択し、「開始」をクリックしてDVDのコピーを開始します。変換プロセスを知らせる進行状況インジケーターにアクセスできます。コピーが完了するまでお待ちください。DVDをデータ化する場合は超速いですが、DVDディスクからディスクへの書き込みには時間がかかります。

DVDFab DVDリッピングでDVDコピーガードを解除する

DVDFab DVDリッピングはDVDコピーと同じ、暗号化されたDVDを復号化してパソコンに取り込んで保存できます。両方の最大の違いは出力形式です。DVDコピーの場合は、入力と出力はいずれもDVDディスク、ISOファイル、DVDフォルダです。DVDリッピングはDVDコピーに比べ入力形式が同じですが、出力はmp4やmkv、mp3、flac、あるいは各機種のスマホ・iPadなど汎用のメディアフォーマットです。サポートする動画・音声形式は600種以上に達します。ですから、DVDをPCやスマホに取り込む場合には適用されます。

DVDをリッピングして、主流のビデオ形式に変換できます。実際、DVDからオーディオを抽出して他のデジタル形式に変換し、モバイルデバイスやホームシアターで再生することもできます。

そして、DVDコピーとのもう一つの違いは、リッピング途中、フレームレートや出力品質の選択や、動画のトリミング、アスペクト比変更、テキストや透かし追加などが可能です。
使い方はDVDコピーとほぼ同じです。ただし、今回は「コピー」ではなく、「リッピング」モジュールに移動します。最新のバージョンでメイン画面で「他のタイトルを選択」の右のボタンを使って出力フォーマットを選択します。

DVDFabPasskey–強力なDVDコピー保護削除ツール

DVDFab Passkeyは、アダルトDVDや、最新のdvdなどあらゆるコピーガード(new protection 2.0とCinaviaを除く)に対応できるDVDコピーソフトです地デジやBSデジタル放送を録画したDVDのCPRM保護でも簡単に削除できます。この点は、今の市販のdvdコピーソフトの中でも珍しいです。無料版もありますが、最新のコピーガードには対応しません。実際DVDFab Passkey for DVD の機能はDVDFab DVDコピーと類似です。ですが、PasskeyはWindowsでしか使えません。
レンタルDVDをコピーする時、コピーガードが解除されたことがばれるのを心配するなら、DDVDFab Passkeyより、DVDFab PasskeyはDVDコピーを使いましょう。

Passkey for DVDの機能

  • すべてのDVDに対応–RC、RCE、APS、UOP、ARccOS、およびRipGuardに関係なく、すべてのDVDから完全に保護を削除して各DVDを復号化できます。
  • 単に復号化するだけではありません– DVDを復号化するとともに、ディスクのコピー、クローン、書き込みなどの機能も含まれます。
  • 定期的なアップデート- DVDFabパスキーは、最新の復号化技術や新しいDVDプロテクションに対応するように常に更新されています。

このDVDコピーソフトでDVD保護を削除する手順:

ステップ1 – DVDFabPasskeyをインストールする

DVDFab Passkeyをダウンロードしてインストールします。デスクトップでPasskey 9のアイコンをダブルクリックして、ようこそ画面から「DVD」オプションを選択してから、右下隅にある「DVDFab Passkeyを起動する」ボタンをクリックします。その後、Passkeyは、システムトレイに最小化され、DVDドライブにメディアが含まれているかどうかを検出します。チェックしてDVDソースディスクが認識されます。

download and install dvdFab

ステップ2 –パスキーが暗号化を削除する

DVDが読み込んだ後数秒後、すべてのコピーガードとリージョンコードの制限が正常に削除されます。また、ドライブの情報や埋め込まれている保護の種類などが右の画面に表示されます。

復号化が完了したら、任意のプレーヤーでソースDVDを再生できるようになります。DVDディスクの保護を解読するだけではここまでOKです。

ステップ3-DVDディスクをリッピング

デスクトップのタスクバーにある、システムトレイに最小化されたDVDFab Passkeyのアイコンを右クリックして、「ハードディスクにリッピング」もしくは「イメージにリッピング」を選択します。次のダイアログで出力ターゲットを指定して、「リッピング」ボタンを押します。

※ ご注意:「イメージファイルにリッピング」を選択した後、「プロテクトを除去しない」をチェックしたら、最終的にコピープロテクトが付いたISOイメージファイルが出力されます。

おわりに

以上、プロテクトされたDVDムービーを無料でコピーしたり、コンテンツをISOフォルダーに転送したり、空のDVDに複製したりする方法でした。コピーガードを解除できるフリーソフトも機能の強い有料ソフトも紹介しました。ぜひ試してください。