ホーム > DVD> DVDFab Crackの危険性を徹底解説!代わりになるソフトも併せてご紹介

DVDFab Crackの危険性を徹底解説!代わりになるソフトも併せてご紹介

2022-01-07 / 管理人Kokoro

DVDFabは、コピーガード機能が付いているDVDやBlu-rayディスクをコピーしたりリッピングしたりするのに役立つソフトを提供していることでも有名です。

初めて利用する場合には体験版で無料利用することも可能となっていますが、初めての利用でない場合や無料の体験期間が過ぎてしまった場合には課金が必要となります。

しかし、最近ではDVDFabの体験版をクラックしてDVDFabの体験期間を無期限にし、無料で使用し続ける「DVDFab Crack」がネット上に出回ってしまっているのです。

今回は、そんなDVDFab Crackの危険性と代わりになるソフトについてご紹介していきます。

DVDFabの海賊版であるDVDFab Crackの危険性

DVDFabが提供している機能としては、DVDコピーリッピングファイル転送、HD Decrypterなどが挙げられます。

これらの機能は、DVDFabの有料ライセンスで提供されるものではありますが、前述したとおり無料体験版もあることから自身の用途に合うソフトなのかを1ヶ月間お試しで利用することができます。

DVDFab CrackはDVDFabの海賊版として登場しており、DVDFabにクラック用のパッチを当てて体験版を無期限で使用できるようにしたものです。

まずは、このDVDFab Crack自体の危険性について解説していきます。

DVDFab Crackの危険性

DVDFab Crackの危険性を理解し、使わないという選択肢を持つことが大切です。

DVDFab CrackはそもそもDVDFabの海賊版とされており、オンライン海賊行為防止法が実施されているにも関わらず数多くのクラック版が登場しています。

法律で禁止されていることなので、DVDFab Crackを提供したプロバイダーは厳しい法的措置を講じられることに加え、利用者を騙して利益を得たということも違法行為に当たることから法的制裁を受けることになるでしょう。

では、具体的にDVDFab Crackを利用する危険性について解説していきましょう。

・パソコンがシステムクラッシュする危険性

DVDFab Crackは短いスラブとなっていることから、使用するだけでもパソコンのプログラム自体に悪影響を与えてしまうことがあります。

DVDFab Crackをダウンロード・インストール後にはコンピュータシステムとの互換性が失われ、パフォーマンスが低下したり、動作が不安定になったり、システムそのものがクラッシュしてしまったりする恐れも十分に考えられます。

パソコンがシステムクラッシュしてしまうと、ブルースクリーンのまま動作しなくなることもあります。

・バグが隠れている可能性が高い

DVDFab Crack自体、悪意を持ったソフトウェアベンダーの手によって変更されているので、クラックされたDVDFab Crackには多くのバグが隠れている可能性が非常に高いです。

隠れたバグがある状態で使おうとすると、正しく使用できないだけでなく意図しない動作を起こすこともあり得ます。

隠れたバグによってパソコン上に様々なトラブルが生じる危険性があるのです。

・ウイルスが侵入する危険性

DVDFab Crackをインストールした際に、パソコン上のあらゆるウイルスが侵入してしまう危険性があります。

ウイルスだけでなくマルウェア、トロイの木馬、スパイウェアなどが瞬時にインストールされてしまい、パソコンのシステムを破壊してしまうことも十分にあり得るでしょう。

また、マルウェアWEBサイト上からアドウェアやボット、ランサムウェアなどで悪意のある危険なコンテンツへ意図的にリダイレクトされてしまうこともあります。

・個人情報漏洩

パソコンに個人情報を登録している場合には、DVDFab Crackをウイルスと共にインストールしたことで個人情報が漏洩している可能性も高くなります。

ウイルスやマルウェアなどは個人情報を抜き出すだけでなく、企業秘密や金融情報、クレジットカードや電子マネーなどの機密情報、取引履歴や個人の記録などの個人情報にアクセスできるようになっているので、個人情報が漏洩している可能性が高いでしょう。

・最新のDVDはコピーできない

DVDFab Crackは様々な危険性を持っているにも関わらず、最新のDVDコピーはできません。

正規版のDVDFabであれば、定期的なアップデートが実施されているので最新のDVDやBlu-rayのコピーも可能となっています。

定期的なアップデートを行うことで、ソフトウェア機能を充実させることに加え、生じる可能性のあるバグを修正し、利用者が快適に利用できるようにしています。

一方でDVDFab Crackでは、アップデートできないことから最新のコピーガード機能が付いたDVD・Blu-rayをコピーやリッピングが行えない可能性も高いです。

・著作権侵害

DVDFab Crackは、DVDFab Keygenを介して無料でダウンロードできるようになっています。

このDVDFab Keygenはリバースエンジニアリング技術を用いて偽造された海賊版ソフトウェアプロバイダーから提供されたKeygenであることから、DVDFabの著作権侵害行為に当たります。

著作権侵害は違法行為でもあることから、罰則を科せられることもあります。

これらの危険性があると理解していれば、DVDFab Crackをダウンロードしてまで利用しようとは考えにくいです。

現在、海外版Keygenでは新しいDVDFab 11のクラックバージョンまで無料でフルバージョンを提供していると公表しています。

しかし、DVDFab Crackをインストールした瞬間からあらゆるウイルスやマルウェアに侵入され、パソコンのシステムが破壊されてしまう恐れがあり、さらに個人情報の漏洩まで生じてしまう可能性も否定できません。

また、クラックできるパッチやツールを配布したり、使用するための方法を解説したりしているサイトは外国語であることがほとんどです。

言葉が分からなければ使い方も理解できず、DVDFab 11 Crackを間違った状態で使ってしまう可能性もあるでしょう。

さらに、DVDFab Crackを提供しているKeygenのプロバイダーだけでなく、利用者自体も法律違反していることになります。

万が一、DVDFabから訴訟を起こされた場合には重い罰金が科される可能性だけでなく、最悪の場合懲役となってしまうことも理解しておかなければなりません。

このような危険性があるなら、初めから正規版のDVDFabを購入しておいた方が安く、かつパソコンのシステム上にも悪影響を及ぼすことなく快適に利用できるでしょう。

本物のDVDFabコピーとpasskeyの利用がおすすめ!

DVDFabの海賊版であるDVDFab Crackを利用したところで、パソコン自体に不具合が生じやすくなり、最悪の場合大切な個人情報まで漏洩してしまうかもしれません。

DVDFabシリーズは無料体験期間を過ぎてしまうと、有料でライセンス認証をして利用しなければなりませんが、それでも海賊版を利用するよりおすすめです。

どのような用途でDVDFabシリーズを利用したいかによっておすすめのソフトは異なりますが、今回は無料で使えるDVDFab コピーDVDFab passkeyをご紹介していきましょう。

DVDFab コピーが無料で使える?

DVDFabには無料で利用できる体験版がありますが、実は体験期間を過ぎてしまっても利用できる機能が存在しています。

DVDFab 9には、DVDFab HD Decrypterという機能が付いていて、以降のバージョン、今はDVDFab 12では、DVDFab HD Decrypterの機能は「コピー」と「リッピング」と「変換」に分散されるので、これを利用することによってDVDとBlu-rayのコピーやリッピング、一般動画の変換ができるようになっています。詳しくは、ここをクリックしてください。

体験期間を過ぎてしまった場合、このコピーガードを解読する機能に制限が掛かってしまうので、コピーにおいて圧縮比を100%で使用するようにすると、期間を過ぎてしまっていてもコピーやリッピングが行えます。

ライティングエンジンに関しては、体験期間を過ぎてしまうと利用できなくなってしまうので、代わりとしてImgBurnなどをインストールしてみると良いでしょう。

DVDFab passkeyを利用する

DVDFab passkeyは、前項でご紹介したDVDFab HD Decrypterと同じく無料でコピーやリッピングが行えるソフトとなっています。

もちろんDVDFabシリーズと同様に日本語にてインストールから設定までを行えます。

まずは、公式サイトにてDVDFab passkey Liteをダウンロード・インストールしていきましょう。

インストールできれば、このDVDFab passkeyは常駐するので設定画面にて解析したいコピーガードを選択します。

設定画面はタスクトレイ上にあるアイコンを右クリックして、設定をクリックすると簡単に設定可能です。

基本的に日本語で表示されているので、問題なく設定できるでしょう。

今回は、DVDFab Crackについて危険性から代わりとなるソフトについてまとめてご紹介してきました。

DVDFab Crack自体、海賊版であることから違法性があり、さらにはパソコン本体やシステム上に様々な危険性をもたらしてしまうものなので、インストールして利用するのはおすすめしません。

DVDやBlu-rayのコピーをできるだけ無料でしたいのであれば、今回ご紹介したDVDFabコピーやDVDFab passkeyを使ってみることをおすすめします。

また、正規版のDVDFabであれば、より快適かつ安全にDVDコピーやリッピングをすることが可能となっています。

もし、DVDFabの様々な機能を使いたい場合には、危険性を持つ海賊版のDVDFab Crackではなく正規版の購入をしてみてください。