ホーム > DVD> DVD プレーヤー4選を徹底比較!パソコン用DVD再生ソフトを探すなら必見~

DVD プレーヤー4選を徹底比較!パソコン用DVD再生ソフトを探すなら必見~

2021-12-02 / 管理人Kokoro

目次

現在我々が話しているDVDプレーヤーは、伝統の機械式のDVDプレーヤーもあれば、パソコンに内蔵し起動するとDVDを再生できるDVD再生ソフトのことも指します。以前では機械のDVDプレーヤーしかなかったし、DVDディスクを再生するには機械式のDVDプレーヤーに任せるしかありません。機械式のDVDプレーヤーしか使用できなかった以前と比べて、時代の発展とともに、DVDディスクのソースもコンピューターデータにより読み取れるような今の時代になり、DVDの再生は従来の機械に依存せず、コンピューターソフトウェア技術によっても実現できます。

1. DVDプレーヤーの種類から始めましょう

この記事では、伝統的な機械式DVDプレーヤーの話題から初め、主にパソコン用のDVDプレーヤー、つまりDVD(再生)プレーヤーソフトウェアを重点にして詳しくご紹介したいと思います。各DVD再生に適用するDVDプレーヤーを簡単に並べることでなく、各ソフトを詳しく説明し、それぞれの適用条件つまり使用環境、メリットやディメリットも詳しく比較し、最も有力なDVDプレーヤーを検討したいと思います。そしてまずは、DVDプレーヤーの種類や選び方から始めましょう。

1.1 機械式のDVDプレーヤー

DVDプレーヤー

DVDプレーヤーの話題にすると、DVDを再生するための機械が最初に思われます。DVDプレーヤーは、DVDディスクを再生するために設計された専用の機械のことです。さて、数の多くてバラバラになっているDVDプレーヤーをめぐり、どのような基準で選択すればいいでしょうか。まず、機械式のDVDプレーヤーでも、標準式のDVDプレーヤーもあれば、持ち運ぶのに便利なポータブルDVDプレイヤーや外付けDVDプレーヤーもあります。

(1)標準式のDVDプレーヤー

DVD再生機械を言うなら、色々なタイプが挙げられます。普通では、どれを選択するのかを決めるとき、何に使うことから考えるべきです。再生だけでよいならBlue-ray対応のBlue-ray対応機種のほうがいいし、地上波のテレビも視聴したいなら地上デジタルチューナーにし、録画番組を見るならCPRM対応のものにし、自分で録画することを趣味にするなら録画機能付きのDVDプレーヤーを選んだほうが趣深いでしょう。それに、画面サイズや視聴画質による視聴効果も重要です。

機能別の他、対応フォーマットの広さや端子別からでも考察できます。再生可能なDVDディスクのタイプも考えらなくてはいけないいです。例えば、ディーガでDVDに記録した番組を再生したいならRCA端子のDVDプレーヤーを選んだほうが良いです。そして価格の方も重考察のポイントです。できるだけ安く購入しようとすれば、ネット通販または中古のDVDプレーヤーが安く買える可能性が高いです。安いものなら3000円ぐらいでも購入できます。

(2)ポータブルDVDプレイヤー

DVDプレーヤー

外出する時持ち運びに便利なDVDプレーヤーは、ポータブルDVDプレーヤーと言います。サイズ、使うときの便利性、性能の穏やかさ、再生の継続時間、装着の易さ、そして車内用では車内で本体を充電可能かどうかなどが、ポータルDVDプレーヤーを考察する大事なポイントです。

機能から見れば、ポータルDVDプレーヤーでも色々な種類があります。お風呂でも使える防水機能付きのポータブルDVDプレーヤー、HDMIでTV視聴も可能なポータブルDVDプレーヤー、Blue-ray対応のポータブルDVDプレーヤーなどがあります。価格の方、ポータブルDVDプレーヤーは安くて4000円程度、高いと7万円になるものもあります。安さで選択するのも一つの方法です。

1.2 パソコンソフトとして使えるDVDプレーヤーの選び方

DVDプレーヤー

時代の発展に従い、DVD再生は機械式のDVDプレイヤーに依存するとは限らずに、パソコンソフトだけでもDVDを再生できるようになりました。ますます多くの人がパソコンでレンタルや買ったDVDを再生しようとしています。しかし、Windows 10にはDVDビデオ再生機能が内蔵していませんので、Windows /Mac OSのパソコンでDVDを再生するには、パソコン用のDVDプレーヤーソフトを利用しない限りは実現できなんです。たくさんの有料・無料DVDプレーヤーソフトがご利用できます。特にWindows10でもはやDVD再生できない現実を考えて、まずはWindows10で実行できるDVDプレーヤーを考えましょう。

ただし、DVD再生ソフトが多様に存在している今、対応OSという簡単な条件だけでDVDプレーヤーを決めるのはあまり賢明ではなさそうです。さて、他のどんな基準でDVDプレーヤーソフトを選ぶのか良いでしょうか。それは、多様なファイルへの対応力、再生する画質、音質しかもそれを選ぶ自由度、動作の軽快さ、使用上での便利さ、有料か無料で利用可能性及び有料なら価格の方面など、いろいろな角度から比較して、総合的に考察したほうがおすすめです。以上のいろいろな方面からDVDプレーヤーを詳しく考察すれば、一番お得なDVDプレーヤーソフトが手に入れると思います。

さて次の節では、以上の角度からいくつかの代表性のあるDVDプレイヤーを選んでご紹介し、さらに、有料や無料のを2つずつ選んで詳しく比較し、さらにそれらの特徴を重点にして徹底な考察をしようとしています。

2. DVDプレーヤー代表製品4選オススメ

以上の節ではDVDプレーヤーの選び方を簡単にまとめていましたが、各代表的なソフトやそれぞれの使用環境(適用条件)、使い方、メリットやディメリットについてはまだ不明でしょう。そしてこの節ではいくつかの代表的、または有名なDVDプレーヤーソフトを4つ選んで詳しく比較し、各特徴もまとめながら、それぞれの強みや弱点を詳しく説明したいと思います。まずは簡単な総括的な紹介を始めます。

2.1 高性能の有料DVDプレーヤー2選オススメ

(1) DVDFab プレーヤー 6

DVDプレーヤー

DVDFab プレーヤー 6は業界でも有名なメディアプレーヤー及びDVD/Blu-rayデータプレーヤーで、性能上や画質保持上でも最高のランキングに並べられます。4K Ultra HD Blu-ray / Blu-ray / DVDを始め、全てのディスクフォーマットにも対応し、各ディスクムービーに対応したメニュー /トリックプレイにも完全対応しています。

画質への拘りがこの有料の高性能メディアプレーヤーの大きな特徴で、もしDVD プレーヤー、ブルーレイ プレーヤーあるいは4K動画プレーヤーのいずれかを探しているなら、このDVDプレーヤーを選べば一安心です!DVDへの再生機能だけでなく、ボリュームのメディアライブラリーを管理する便利性も目立ちます。簡潔でよく組織されたポスターウォールがあなたのDVDソース、動画、音楽などを気軽に管理してくれます。さらに、大画面や小画面の再生環境を自由に選ばれるPC / TV 再生モード選択可能な便利性も魅力です。

(2)CyberLink PowerDVD

DVDプレーヤー

有料だか機能性強いDVDプレーヤーといえば、CyberLink PowerDVDはよく言及されいています。CyberLink社は独自の技術「TrueTheater テクノロジー」を使用して、映像を鑑賞する臨場感や没入感を求めるために、DVDやBlu ray乃至8Kまでのメディアソースを最高の品質で視聴することに専念しています。このDVDプレーヤーは8Kまでの再生に対応するという業界最高の機能性で、業界では広く人気を集めています。AIでの写真管理機能や最大40本のHD映画を保存できるサイバークラウド機能も魅力的です。

機能性が高い代わりに、利用料金も高いです。公式サイトでは、定期的にセールも開催されるとはいえ、無料で利用できる30日期間では多くの機能を使えません。それに、画質に専念するのは良いですが、メディアを読み取るのに時間が非常にかかりますし、高画質の動画を再生するとかくかくする可能性もあります。DVDソースの読み取るスピードが遅い、ソフト自体の動作が重いなどのディメリットは無視できません。

2.2 無料で使えるDVDプレーヤー2選オススメ

(1) VLC メディアプレーヤー

DVDプレーヤー

まずやはりおすすめしたいのは有名な万能の無料動画再生ソフトVLC メディアプレーヤーです。この動画再生無料ソフトはフランスの非営利団体「VideoLAN organization」によって開発され、既に15年以上という長い歴史を持っています。WindowsやMac、iOS、Androidなどほぼすべてのマルチプラットフォームにも対応し、またDVDやBlu-ray、VCDを含み多くのストリーミングプロトコルにも対応して再生できます。動画形式への高い対応力のほか、完全に無料で利用するのが最大のメリットです。

(2)GOM Player

DVDプレーヤー

GOM Playerは株式会社グレテックジャパンにより開発されたフリー動画・DVD再生ソフトで、長年の発展を積み重ねて現在では多くのユーザーを集めている有名な無料メディアソフトになります。DVDやBlu-rayだけでなく、MP4やAVI、FLV、WMV、MOVなど、様々なフォーマットのファイルを形式別無論で無料で再生できるのが最大の特徴です。

また、360°VR動画再生機能、字幕検索、字幕読み上げ、画面キャプチャー、アニメーションGIF作成機能、コーデック探しなど便利な機能付きで、このDVDや動画プレーヤーを非常に使いやすい便利なツールにします。広告が多いという最大のディメリットがよく報告されているが、今ではGOM Player Plusにアップグレード可能で、広告などが表示されずに映像視聴に集中できて、高解像度の4K映像視聴も可能になります。

3. DVDプレーヤー代表製品を究極考察:メリット、ディメリットを徹底比較

続いては本記事にご紹介した4選のDVDプレーヤーのなか、それぞれの特徴やメリットを列挙し、ディメリットまで詳しく比較しましょう。

DVDFab プレーヤー 6

PowerDVD

VLC メディアプレーヤー

GOM Player

対応OS

Windows 、11/10/8.1/8/7、Mac OS 10.10-11.3

Windows 7/8/8.1/10

Windows XP/Vista/7/8/8.1/10、Mac OS X 10.5以降、 Linux、iOS、Android

Windows XP/Vista/7/8/8.1/10、Vista、XP、iOS 8.0以上、Android 2.2以上

画質と音質

4K Ultra HD2、HDR10 / HDオーディオ に対応

8K、4K、HDR 10 の超高画質に対応

画質、音質を選択可能

画質、音質を向上點せ可能で、Plusにアップグレードすれば高解像度で鑑賞可能

対応するフォーマット

DVD / Blu-ray / 4K Ultra HDの物理ディスク / ISOファイル / フォルダやMP4 / MKV / MOVなどの動画形式/ WMVとMP3、WAV、M4A、FLACなど殆どのメディアソース

8K、4K、HDR 10 映像、DVD / ブルーレイ、地デジ録画(BDAV)、ISOイメージファイル、DVD VR、HEVC、AVC、動画、写真、音楽やYouTube 動画、XAVC-S の高精細映像など、幅広いファイル形式をサポートする

DVD / ブルーレイ、地デジ録画(BDAV)、ISOイメージファイル、DVD VRなど多数のファイル形式、ほとんどの音楽や動画形式

DVD / ブルーレイのほか、MP4やMKV、FLVなど主要な動画フォーマットにも対応

DVDコピーガード解除機能

可能

可能

可能だか操作上非常難しい

不可

有料/無料

無料版ではDVD再生不可、製品版ではDVD再生、4K UHD / HEVC再生により製品版とUltra版に分ける

Standard、Pro、Ultraと365 という4つのエディションが全部有料

無料

無料

日本語対応

可能

可能

可能

可能

字幕のカスタマイズ / 多重字幕

可能

可能

可能

膨大なライブラリ字幕選択可能

操作の便利さ

初心者向け

使いやすい

Blu-ray再生ならかなり難しい

初心者でも使いやすい

カスタマイズ自由度

高い

高い

スキンを追加可能

豊富

特徴(メリット)

  1. 高画質維持
  2. メディアライブラリー管理モード
  3. PC / TV 再生モード選択可能
  4. 30日間で有料版を無料体験可能
  1. Ultra・365エディションでは8K、VR、HDR 10 映像に対応
  2. 360° VR 映像と立体音響で臨場感あふれる
  3. クラウドでのメディア管理可能
  1. 歴史が長く、ファイル対応力が高いが、完全無料で利用できる
  2. インストールする必要が無い
  3. Mac や Android 等にも対応したマルチプラットフォームが便利
  1. 360度動画の再生機能付き
  2. 完全に無料で使える
  3. アニメーションGIF作成機能、字幕読み上げ機能、オーディオキャプチャー機能など便利な機能付き

デメリット

  1. DVD再生が有料版しかできない(30日間で最大3枚まで無料体験可能)
  1. 4K以上のメディアソースを再生すると動作が重くなる
  2. 利用料金が高い
  3. 30日間無料体験版では機能に制限が多い
  4. Windows OSのみ
  1. 設定が複雑
  2. 起動が重い
  3. 日本語のファイル名の場合文字化けする
  4. 画質や音質に弱い
  1. インストール時他のソフトもインストールもすすめられるのがウザい
  2. 広告が多く、別サイトへ飛ばす危険性が高い
  3. データ容量が重い

オススメ度

★★★★★

★★★★☆

★★★☆☆

★★☆☆☆

4. DVDプレーヤーでDVDを再生できない原因と対策

機械式のDVDプレーヤーと万能のDVD再生ソフトがあっても、依然としてスムーズにDVDを再生できないという文句はよくネットで聞こえます。そういう場合は、どうすればいいでしょう。まずは、DVD自体に故障が出るのかを確認することです。そして、DVDを再生するのに使わせる機械またはソフトがそのDVDに適用するかどうかを確認することです。この節ではDVDを再生できない時の原因を究明し、DVDプレーヤーでDVDを再生できない時の対策を一つずつ簡単に並びます。

DVDの再生ができない原因を以下にまとめるので、一つずつ検討しましょう。

  • ディスク自体に傷や、汚れがある、または反射層が劣化された
  • DVDに一部のデータを失っている
  • ディスクはコピーガードで保護されている
  • 使用しているDVD再生ソフトは保護解除に不対応
  • 使用しているドライブやDVDプレーヤーが対応していない
  • 動作環境、パソコンの設定に問題が出る

DVDプレーヤー

もしDVDの状況が不明で、以上の点からDVDソースの状況を確認するのが難しいと思うなら、以下の対策を試してみましょう。

  • 他のディスクを試して、読み取れるかを確認することから、ディスク自体の問題か再生ソフトの問題かを確認する
  • 自動再生の設定を確認する
  • 他のDVD再生ソフトを試す
  • 市販やレンタルDVDのようなコピーガードで保護されたディスクの場合、CPRM(Content Protection for Recordable Media)に対応した機器やDVD保護解除機能のありるソフトで再生する
  • 再生する機器がDVDディスクのリージョンコードに対応しているか確認する
  • デバイスマネージャーで光学ドライブが認識されているか確認する
  • デバイスマネージャーで光学ドライブのプロパティを開き、デバイスの状態欄を確認する
  • 光学ドライブのドライバを再インストールする

などの対策からチャックしてみましょう。

5. まとめ

この記事では、代表的な有料と無料のDVDプレーヤー・DVD再生ソフトをご紹介しました。有料DVDプレーヤーはお金かかりますが、4Kや8K までハイビジョンでメディアを充分に楽しめるし、高性能で暗号化される市販DVD、レンタルDVDも簡単に再生してくれるので、すごく便利です。コピーガードで保護されているDVDを読み取れないかもしれない無料のDVDプレーヤーはそれほど便利ではありませんが、無料で使えるので、普通のDVDを再生するのに使うなら充分です。それぞれの特徴や自分のニーズに応じて、自分にあったDVDプレーヤーを選んでご利用ください。