ホーム > How To> ffmpegの使い方とは?インストール方法やダウンロード方法を詳しく紹介!

ffmpegの使い方とは?インストール方法やダウンロード方法を詳しく紹介!

2022-01-04 / 管理人Kokoro

音声や動画の編集を行う時、手動ですると時間がかかってしまいます。

手間をかけずに編集したい時に便利なエンコーダーが、ffmpeg(エフエフエムペグ)です。

ffmpegは無料で簡単に利用できる音声・動画のエンコーダーで、オプション機能が充実しています。

定形処理をしたい時におすすめなffmpegとはどういったものなのか、ダウンロード方法・インストール方法と併せて使い方を紹介します。

ffmpegの使い方を知りたい方・コマンドを使って音声・動画を楽に編集したいという方はぜひ参考にしてみてください。

ffmpegとは?

ffmpeg(エフエフエムペグ)とは、無料で利用可能な音声・動画のエンコーダーです。

使い方が簡単で、オプションを設定することでより便利に動画を編集することができます。

Unix系のオペレーティングシステム生まれで、機能性が充実しています。

静止画を連写したり動画に音声を追加したり動画のトリミングをしたりと様々な処理が行えるのが特徴です。

同じ工程を繰り返すような作業においてffmpegを利用することで、手作業で時間がかかる処理をすぐに終わらせることができ、時間短縮になります。

ffmpegのダウンロード&インストール方法

今回は、Windowsにおけるffmpegのダウンロード&インストール方法を紹介します。

ダウンロード方法

初めに、ffmpegの公式サイトにアクセスしてください。

FFmpeg①

アクセスすると、緑色の背景に白い文字で「Download」と書かれているボタンが表示されるのでクリックします。

画面左下に「Get packages & executable files」の文字とLinux、Windows、MacのOS選択画面が表示されるため、Windowsのアイコンをクリックしてください。

FFmpeg②

  • Windows builds from gyan.dev
  • Windows builds by BtbN

の2つが表示されたら、「Windows builds from gyan.dev」をクリックします。

ページが遷移したら「release builds」の見出し内の「ffmpeg-release-essentials.zip」をダウンロードしてください。

FFmpeg③

Zipファイルのダウンロードが完了したらファイルをダブルクリックして解凍しましょう。

これでffmpegのダウンロードが終了です。

インストール方法

ダウンロードが完了したら、次にWindowsにffmpegをインストールします。

ffmpegをWindowsで利用するためには環境変数にパスの指定が必要となるため、システムの設定を変更しなければなりません。

詳細情報(Windowsキー+Pauseキー同時押し)を開き、検索窓に「環境変数」と入力すると候補に「環境変数の編集」が出てくるので、そちらを開きます。

userのユーザー環境変数から「Path」をクリックし、編集から新規ボタンを選びます。

ffmpegをダウンロードした「bin」までのフォルダのパスをコピーし、変数値にffmpegのパスを貼り付けてください。

パスを正しく指定したらOKをクリックし、さらにOKを選択します。

これでffmpegのインストールが完了です。

あとはインストールがしっかりできているか確認作業をしましょう。

WindowsキーとRキーを同時押しし、「cmd」と入力してOKを押します。

「ffmpeg-version」と入力してffmpegの情報が確認できればインストール成功です。

利用する前にこの確認をしておきましょう。

ffmpegの使い方~音声編~

実際にffmpegの使い方を解説していきましょう。

まずは音声の編集に役立つコマンドをご紹介します。

動画の音声をカットする

動画の音声を削除したい場合に役立つコマンドが、「$ ffmpeg -i original.mp4 -vcodec copy -an output.mp4」です。

音声だけを削除して動画を作成することができます。

動画の音声を取り出す

動画の音声を取り出したい時に役立つコマンドです。

「$ ffmpeg -i original.mp4 audio.mp3」は元のフォーマットと違う拡張子を指定した場合圧縮されてしまう可能性があります。

圧縮せずに音声を取り出したい場合は事前に元のフォーマットを確認してその拡張子を指定しましょう。

動画に音声を付ける

動画に音声を付けたい場合のコマンドは、「$ ffmpeg -i original.mp4 -i audio.wav output.mp4」です。

このコマンドで既存の音声を消し、新たに音声を付けられます。

動画の音量を指定する

動画の音量を指定したい場合には、以下のコマンドを使用してください。

「$ ffmpeg -i original.mp4 -vcodec copy -af volume=0.1 output.mp4」

volume=2.0にすると元の動画の2倍の音量に指定できます。

dB単位で音量を指定したい場合には、volume=3dBと数値+単位で指定することが可能です。

音声に静止画を付ける

音声データに静止画を付けたい場合に有効なコマンドです。

「ffmpeg -loop 1 -i example.png -i example.wav -c:v libx264 -tune stillimage -c:a libmp3lame -shortest example.mp4」

mp3にエンコードする場合には上記のコマンドを使います。

エンコードせずに静止画を付けたい場合には、「ffmpeg -loop 1 -i example.jpg -i example.mp3 -c:v libx264 -tune stillimage -c:a copy -shortest example.mp4」を利用してみてください。

ffmpegの使い方~静止画編~

次に、静止画の編集に役立つコマンドをご紹介します。

静止画を動画に変換する

静止画を動画に変換したい時に役立つコマンドです。

「$ ffmpeg -framerate 4 -i jpeg/ss_%02d.jpg -vcodec libx264 -pix_fmt yuv420p -r 60 output.mp4」

このコマンドでは、4fpsの画像を60fpsの動画へ変換しています。

スクショを連写する

スクリーンショットを連写してフォルダに保存するコマンドを紹介します。

「$ ffmpeg -i original.mp4 -r 4 -vcodec mjpeg jpeg/ss_%02d.jpg」

このコマンドでは、1秒で4枚のスクリーンショットを撮影してjpgフォルダに連番で保存をしてくれます。

r4で4枚撮影指示していますが、ここの数値を変えることで1秒間に撮影する枚数を変更可能です。

専用フォルダをあらかじめ作成しておくことで、枚数が増えても他の画像の邪魔になりません。

連番の桁数を変えたい場合には、「%02d」の箇所を変更してみてください。

ffmpegの使い方~動画編~

最後に、動画の編集に役立つコマンドを紹介します。

動画に画像の透かしを入れる

動画に透かし画像を入れたい場合に使えるコマンドです。

コピーライトを入れたい場合やサンプル動画を作る場合に便利です。

$ ffmpeg \

-i inputMovie.mp4 \

-vf "movie=watermark.png [watermark];[in][watermark] overlay=main_w-overlay_w-50:main_h-overlay_h-50 [out]" \

outputMovie.mp4

このコマンドでは、右端に透かし画像を入れることができます。

縦横50pixelのマージンを配置していますが、好みの数値に指定可能です。

動画を結合する

複数の動画を組み合わせて1つの動画にしたい場合に役立つコマンドを紹介します。

まずは結合させたい動画を1つのフォルダにまとめ、そのフォルダ内にテキストファイルを作成します。

  • file 'ファイル名1'
  • file 'ファイル名2'
  • file 'ファイル名3'
  • file 'ファイル名4'

上記のテキストファイルの'ファイル名’に動画の名前と拡張子を入れてください。

テキストファイルを任意のファイル名を付けて保存します。

結合させたい動画ファイルのフォルダのアドレスバーに、cmdと入力してEnterを押してください。

「ffmpeg -safe 0 -f concat -i filelist.txt -c:v copy -c:a copy -map 0:v -map 0:a output.mp4」

このコマンドを実行することで、複数の動画を劣化させずに1つの動画に結合できます。

動画を回転させる

動画を回転させたい場合に役立つコマンドが、「ffmpeg -i input.mp4 -vf "transpose=1" output.mp4」です。

Transposeで指定した数字により回転させることができます。

  • 0:90度半時計回りに回転させて上下反転
  • 1:90度時計回り
  • 2:90度反時計回り
  • 3:90度時計回りに回転させて上下反転

また、任意の角度を指定して回転させることも可能です。

「ffmpeg -i input.mp4 -vf "rotate=45*PI/180" output.mp4」

このコマンドでは、時計回りに45度回転させられます。

-45に変えると半時計回りとなります。

クロップ処理をする

指定した領域でトリミングしたい場合に役立つのが、以下のコマンドです。

「$ ffmpeg -i original.mp4 -vf crop=w=50:h=50:x=0:y=0 output.mp4」

このコマンドでは、左上を基準0として横50×高さ50pixelの動画に処理しています。

動画の情報を取得する

動画の詳細情報を取得したい場合に役立つコマンドです。

その動画の長さやビットレートなどを確認できます。

$ ffprobe inputMovie.mp4

ffprobe version 3.3.1 Copyright (c) 2007-2017 the FFmpeg developers

built with Apple LLVM version 8.0.0 (clang-800.0.42.1)

configuration: --prefix=/usr/local/Cellar/ffmpeg/3.3.1 --enable-shared --enable-pthreads --enable-gpl --enable-version3 --enable-hardcoded-tables --enable-avresample --cc=clang --host-cflags= --host-ldflags= --enable-libmp3lame --enable-libx264 --enable-libxvid --enable-opencl --disable-lzma --enable-vda

libavutil 55. 58.100 / 55. 58.100

libavcodec 57. 89.100 / 57. 89.100

libavformat 57. 71.100 / 57. 71.100

libavdevice 57. 6.100 / 57. 6.100

libavfilter 6. 82.100 / 6. 82.100

libavresample 3. 5. 0 / 3. 5. 0

libswscale 4. 6.100 / 4. 6.100

libswresample 2. 7.100 / 2. 7.100

libpostproc 54. 5.100 / 54. 5.100

Input #0, mov,mp4,m4a,3gp,3g2,mj2, from 'inputMovie.mp4':

Metadata:

major_brand : isom

minor_version : 512

compatible_brands: isomiso2mp41

encoder : Lavf57.71.100

Duration: 00:00:37.00, start: 0.000000, bitrate: 100470 kb/s

Stream #0:0(und): Video: mpeg4 (Simple Profile) (mp4v / 0x7634706D), yuv420p, 3840x2160 [SAR 1:1 DAR 16:9], 100468 kb/s, 29.97 fps, 29.97 tbr, 30k tbn, 30k tbc (default)

Metadata:

handler_name : VideoHandler

動画をダウンロードする

ffmpegには、動画のダウンロード機能も搭載されています。

ニコニコ動画やHulu、AbemaTVといった動画配信サービスから動画を無料でダウンロードできます。

ストリーミングライブ配信をオフラインで視聴することが可能です。

WindowsキーとRキーを同時押しして、cmdと入力してOKを押します。

コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力します。

ffmpeg -i “https://manifest.prod.boltdns.net/manifest/v1/hls/v4/clear/4235717419001/c03bbb95-3548-4b46-915e-cfc9bec67c69/f73f3ad5-6ee8-4270-b720-cc983f476906/10s/rendition.m3u8?fastly_token=NjA2ZGFhMGFfYTk3OWIzYWExZjg1NWU4Mzg5ZTk1ZWQ0ZGQ5ZjQxYTBjODQxNDJhYzNhZGMxZDg1YWJmMDdjMGZkYzU2MjM5ZQ%3D%3D” -c copy output.mp4

このコマンドでは、Gyao動画をダウンロードすることが可能です。

動画の品質を設定する

動画をエンコードする場合、従来はビットレートを指定してエンコードされていました。

そうすることでどの大きさのファイルが作成されるかが分かったからです。

しかし、動画の内容やサイズにより品質が変わるため、ビットレートを変えて好みの品質で処理する必要があります。

「ffmpeg -i exapmle.avi -crf 10 exapmle.mp4」

このコマンドでは、品質固定モードで動画の品質を指定できます。

指定した値が小さいほど高品質な動画となります。

ビットレードを指定する場合は、「ffmpeg -i exapmle.avi -b:v 300k exapmle.mp4」で指定が可能です。

ビットレードは数字が大きいほど高品質な動画となります。

ビットレードで固定したい場合は、2パスエンコードを使用するのがおすすめです。

「ffmpeg -i example.avi -b:v 300k -pass 1 example.mp4」

「ffmpeg -i example.avi -b:v 300k -pass 2 example.mp4」

1行目で動画の解析を行い、2行目で結果を基に適切な動画を作成してくれます。

今回は、ffmpegの使い方についてご紹介してきました。

ffmpegを上手く活用すれば、音声・動画の編集を時短して楽に行うことができます。

手動では時間が掛かっていた音声・動画編集をコマンドによってすぐに処理できるのが魅力です。

基本的なコマンドをベースに、目的に応じてコマンドを応用することも可能なので編集はさらに楽になっていくでしょう。

ぜひ音声・動画編集を手掛けている方は試してみてください。