Windows10で使えるBlu-ray再生フリーソフト

2021-08-24 / Diane

今は、Blu-rayを再生するには必ずBlu-rayプレーヤー機器があると限りません。PCにもBlu-rayを再生することができます。ですがDVDやBlu-rayを再生する時、コピーガードの問題があります。通常、無料なBlu-ray再生ソフトを使えば、コピーガードがかけられたBlu-rayを再生することができません。Windows自体にはBlu-rayを再生できるソフトがありません。ここでWindowsで使えるBlu-rayソフトを紹介します。
本記事は中立的な立場で各メディアプレーヤーの特徴や機能などを説明するつまりです。なお、一部のメディアプレーヤーはコピーガードがかかっているBlu-rayも再生できますが、日本では著作権違法なので、これらのBD再生ソフトを使う際、それらのコピーガード対応機能をOFFにしてください。

VLCメディアプレーヤー(無料)

料金:無料
対応OS:Windows、macOS、Linux
VLCメディアプレーヤーはBlu-ray再生フリーソフトの中で最もおすすめの日本語対応のBDプレーヤーです。このブルーレイ再生ソフトは完全無料、広告なしです。Blu-rayディスクだけではなく、Blu-rayフォルダーやISOファイルも再生できます。もちろん、一般動画や、ネットワークストリーム動画、オーディオCD、SVCD/VCD、DVDも再生できます。ですが、違法とならないように、VLCメディアプレーヤーは、暗号化されたDVDやBlu-rayディスクを再生できませんが、FFmpegプロジェクトのデコーダーとlibdvdcssライブラリーにより、マルチメディアファイルの再生とDVDディスクの暗号化が可能になります。
なお、VLCメディアプレーヤーの再生にJavaが必要です。システムにJavaがないと、ディスクのメニューなしで再生することになります。動画URLを入力すればYouTub動画なども再生できる点も素晴らしい。さらに、キャプチャーデバイスメディアを再生することすらできます。複数のファイルを再生することもできます。それに加えて、変換/保存機能もあり、再生スピード調整や、オーディオ視覚化効果、ズーム、字幕追加など様々な小さな機能も揃えています。Blu-ray再生フリーソフトだけではなく、無料なメディアソフトとしては超おすすめ。ただし、レコーディング機能がありますが、試したところ失敗でした。VLCは素晴らしいですが、フリーウェアなので、ダウンロードやインストールに少々手間がかかります。

MPC-HC(無料)

料金:無料
対応OS:Windows
このBlu-rayプレーヤーはVLCメディアプレーヤーに及びませんが、コピーガードがかけられないBlu-rayディスクやフォルダーを問題なく再生できます。ですが、ブルーレイISOイメージファイルの再生はサポートされていません。一般動画、VCD、SVCD、DVDも再生できます。コピーを保存、DVDメニュー、キャプ画像作成、色調補正、音ズレ補正、字幕をダウンロード/アップロード、拡大、再生速度を調整、チャプターなど高機能を搭載。日本語も対応しています。
クイック再生(全然クリックと思いませんけど)や、ファイル/URL再生(YouTubeなどの動画サイトからURLを張り付けて再生してみたらできません)、DVD/BD再生、デバイス再生(試してみたが失敗でした)機能がありますが、いろいろ試してみたが、うまく機能しないものが多い。
しかし、全体から見れば、BD再生に遅延やロードに時間がかかるなど問題があります。DVD再生フリーソフトとしては最高ではないですが、無料なBDプレーヤーとしては利用されます。BD再生にあまり期待しないほうがいい。

Leawo Blu-ray Player(無料)

料金:無料
対応OS:Windows、macOS
WindowsとMAC両方対応の無料なBlu-ray再生ソフトです。このメディアプレーヤーはDVDやISO、4K動画、HD動画すべて再生できます。もちろん、再生中の早送りや巻き戻し、無音、全画面表示など基本的な設定はできます。右側に再生リスト表示ができ、下部の画像アイコンでキャプ画ができます。設定オプションでは特に抜群な点はないが、Blu-rayの再生は確かに無料で簡単に行えます。DVDフォルダを再生する時「.IFO」を、BDMVフォルダを再生する時「.m2ts」を選択する必要があります。このBDプレイヤーを使うには、Java(JRE)のインストールが必要となります。他の広告はないけど、Leawo自体のほかの製品の広告は多いです。DVD・Blu-rayからmkvへの変換はプレミアムバージョンが必要となります。コピーガード対応のディスクも再生できます。なお、個人的な感覚ですが、設定画面のデザインは小学生っぽいだと思います。また、このブルーレイプレーヤーをウンロードするには時間がかなりかかり、102㎆のファイルは10分以上かかります。

Macgo Windows Blu-ray Player(有料)

料金:6900円
対応OS:Windows、mac
一部の記事でこのBlu-ray再生ソフトを無料ソフトとして紹介していますが、実際試してみたらほとんどの機能は有料です。無料で使える機能はmp4など一般動画だけ。DVDやBlu-rayを再生するには有料版を使うしかありません。有料版は、Blu-ray・DVD・ISO・4K動画などが再生可能です。有料ソフトといってもDVDをブルーレイを普通に再生するだけ、特別な機能がありません。YouTubeなどの動画を再生できません。

DVDFab プレーヤー 6(無料&有料)

料金:11327円(無期限版、セール中)
対応OS:Windows、macOS
このBDプレーヤーはソフトの品質を重視しているようです。無料版もあるが、mp4など一般動画しか再生できません。ここで主にその製品版を紹介します。ナビゲーション対応、DVD、BD(BDMVもBDAVも)、HD、4k、3D、ISO、フォルダー、各フォーマットの動画や音声を再生できるのはもちろん、他の抜群な特徴もたくさんあります。最新のコピーガードがかかっているBlu-rayも対応します。地域に関係なく、全世界のBlu-rayを再生することができます。もう一つの良い機能は、DVDやBlu-rayディスクをISOとしてプレーヤーにインポートでき、次回からディスクがなくてもBlu-rayやdvdを鑑賞できます。また、このプレーヤーはローカルに保存された映画をポスターで表示され、映画管理や音楽管理ツールが欲しい方にはピッタリです。さらに、PCモードとTVモード両方を提供し、必要に応じて自由に選択できます。倍速やキャプ画、字幕、フィルター、ミュートなど基本的な機能はもちろんすべてあります。ウィルスや他のスパム広告がありません。下部にDVDFabの別の製品の広告がありますが、閉じることができます。ダウンロードもインストールも超速い、数十秒で完了。なお、このメディアプレーヤーを含めてこのブランドの製品はすべて全機能を無料体験できるため、購入する前にぜひ試してください。URLを張り付けることでYouTubeなどの動画サイトから直接動画を再生できない点は少々残念。

BDプレーヤー 対応OS 有料・無料 メリット デメリット おすすめ度
VLCメディアプレーヤー Windows、macOS、Linux 無料 機能強い、YouTubeなどの動画も再生可能
すべて無料
Java対応しない
ダウンロードとインストールが少々複雑
★★★★★
MPC-HC(無料) Windows 無料 機能が多い、
完全無料
エラーが多い、ISO再生できない、ダウンロードとインストールが難しい ★★★★
Leawo Blu-ray Player Windows、macOS 無料 暗号化されたディスク対応 Java対応しない ★★★★
Macgo Windows Blu-ray Player Windows 有料 普通にDVDやbdを再生できる 有料、特徴機能がない
YouTube動画を再生できない
★★★
DVDFab プレーヤー 6 Windows、macOS 有料 DVDやBlu-rayなどを再生できるほか、動画。音声管理ソフトとしても利用できる

有料
YouTube動画を再生できない

★★★★★

まとめ

Blu-ray再生ソフトのおかげでBlu-rayを再生するのは簡単になります。本記事はできるだけ客観的な立場で各Blu-rayプレイヤーの特徴や機能を簡単に説明します。もちろん、VLCは最もおすすめなBlu-ray再生フリーソフトです。お金のことに気になく、高機能で使いやすいBlu-rayプレーヤーなら、DVDFab プレーヤー 6を使ってみましょう。