LINEブロックと非表示の設定方法と確認方法をご説明

2021-10-14 / okawareiko

目次

LINEとは知り合いとの連絡をつなぐ機能を果たす社交メディアの一つです。LINEにはブロックと非表示の設定があります。

LINEブロックを確認

1. LINEブロックと非表示の意味、違い

グロック(Line-Block)の意味は簡単に言うと、SNSやLINEで使う言葉で、誰かとやり取りをするのがいやなので、その相手から連絡が来ないように設定することや、その相手からの連絡を密かに拒否するということです。この記事の最初の部分では、LINEブロックとLINE非表示それぞれの違いと設定方法や、ブロックされた場合や非表示された場合はどうなるかを解説します。それでは、一つ目のブロックの意味と画面を進めていきましょう。

まず、LINEブロックを了解しに行くには、LINEブロックされた後の特徴を見てみましょう。相手にブロックされたら、次のことができなくなります。

  • ① 自分の名前が友だちリストから消えて、ブロックリストに移動されます。
  • ② 相手にLINEメッセージを送信することができなくなります。
  • ③ 相手にLINE通話ができなくなり、相手側に着信履歴も残りません。
  • ④ 相手のタイムラインを見ることができなくなります。
  • ⑤ 相手の投稿を見れないどころが、コメントも「いいね」もできなくなります。
  • ⑥ 相手を新しくグループやトークに追加できません。

つまり、LINEブロックされたらタイムラインなどの機能が使えなくなり、相手との連絡方法が一切立たれてしまいます。ブロックのみで解除すれば、元通りに使えますが、ブロックリストから削除すると完全に相手との関係を削除するので、戻すことが容易ではないので、ご注意が必要です。

LINE非表示とは、自分のラインに相手を表示させない機能です。相手を非表示にすると、その相手が友だちリスト、トーク、タイムラインから消えてしまうのです。相手からトークが送られない場合、トークリストには表示させないです。それに、こちらから連絡することはないので、受信のみの友だちとして相手は存在し、相手との関係も維持したままです。

2. LINEブロックの設定する方法

それではブロックのやり方を一緒に覚えていきましょう。まずは、LINEを立ち上げてください。それでは、ホーム画面になります。違う方はホームボタンをタップしてください。そして、「友だち」を押して、ブロックしたい友達を長押しして、別窓で開いたブロックタブを押してください。ブロックタブを確認したら、これで友達はブロックリストに移動しました。

続いてはブロックリストを確認してみましょう。右上の歯車のマークを押し、設定画面の中の「友だち」を押してして、続いて「ブロックリスト」をアップしてください。ここに先ほどブロックした友達があるはずですが、ブロックした友達の「編集」タブを押し、「ブロック解除」を押せばその友たちを友達リストに戻すことができます。ブロック下側に起きる現象としては、一、友だちリストから消え、ブロックリストに移動されること、二、ブロックした相手との送信受信ができなくなること、三、タイムラインにブロックした相手の投稿が流れて来なくなるこよなどがあり、ブロックした方への機能がほぼ使えなくなります。

ちなみに、ブロックされた側のラインに特に目立った変化はありませんが、以下の変化が見られます。

(一)送ったトークメッセージは相手には届かないこと
(二)LINE、電話をかけても応答がないこと
(三)新しくグループに追加できないこと、

以上のようなどがあります。やりとりがない方なら気づきはないが、日常的に連絡を取る方は気づくのでしょうか。

3. LINE非表示のやり方

それでは非表示のやり方も並びに覚えていきましょう。非表示にしたい相手を長押し、別窓で開いた「非表示」を押してみれば、これで友達は非表示リストに移動しました。それでは非表示リストを確認してみましょう。右上の歯車のマークを押して、設定画面から「友だち」をタップしてみます。すると、非表示リストを開いて、ここに先ほど非表示した友達があるはずです。非表示にした友達の横の右側にある「編集」を押して、「再表示」を押してください。これで友だちリストに再表示することができます。

非表示した側に起きる現象としては以下のようにあります:

① 相手が友だちリストから消え、非表示リストに移動される
② 表示した相手に送信はできないが、相手のメッセージは受信でき返信も可能である
③ タイムラインに非表示した相手の動向が流れて来なくなる
④ 相手からトークが送られる場合、トークリストに表示される
⑤ LINE、電話をかけることはないため、機能がほぼ使えなくなります。

逆に、非表示された側に起きる現象としては、

① 表示された側のラインに特に目立った変化はなく、メッセージの送信受信ともに可能である
② 自身のタイムラインに相手の投稿は表示されず、相手のタイムラインにも自身のタイムラインが表示されなくなります。
③ 電話をかけても受けてもらえないなど、友達同士のみが使える機能に制限ができてしまう。

非表示リストから削除した場合は、ブロックリストからの削除同様に戻すことが容易ではなくなるので、注意が必要です。

4. ブロックされたかを確認する方法

それでは、LINEブロックをされた場合どのようにして相手にバレないようにブロックされたのかを確認できるのでしょうか。次にはブロック確認する方法をご解答します。主な有効的な方法としては、3つあります。

① 相手にスタンプをプレゼントする

LINEブロックを確認

相手にスタンプをプレゼントしましょう。相手がそのスタンプを持っていない場合、「プレゼント確認」が表示されます。それと反対に、「プレゼント確認」が出てこないし、「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」の文字が出てくる場合、相手が既にこのスタンプを自分で買った、他の友たちにプレゼントされた、及び相手にブロックされたという3つの可能性があります。

本当にブロックされたどうかを確認するには、もう一つやらなければいけないことがあります。それは、できるだけ新しくリリースされたばかりの、または有料でしかも単品価格が非常に高く、或いは全然人気のないスタンプを一つずつプレゼントしてみましょう。もし不幸なことに、いくらスタンプをプレゼントしても「すでにこのスタンプを持っているためプレゼントできません」が表示された場合、相手が自分をブロックした可能性が非常に高いと認められます。

② 複数人トークを作成してみる

LINEブロックを確認

複数人のトークを作成してみれば、自分がブロックされるどうかはすぐに分かります。ブロックされていない場合、作成された複数人トークのタイトルに表示する人数が本当にトークに追加する人数に等しいです。正しい人数が表示されない場合では、人数のところに自分と公式アカウント二人しかないので、ブロックされているのがすぐ分かります。

③ タイムラインが見られない

LINEブロックを確認

タイムラインが見えなくなり、最近新しい投稿だけでなく今までに合った投稿も見れなくなっていて、「まだ投稿がありません。」という文字が表示される場合、相手にLINEブロックされる可能性が高いです。

5. まとめ

この記事では、LINEブロックとLINE非表示を別々に解説して、その違いについても解説してきました。相手の友達リストにはあなたのアカウントが存在し、それをブロックや非表示することは非常に困りますね。いくらメッセージを送っても返事や既読さえも全然着かない原因は、サーバーエラー、電波通信状況などの非人為的な理由もあれば、ブロックされているかという理由もあります。それをある方法を使って確かめましょう!