DVDを高画質で見るならPS4がおすすめ!高画質な視聴方法

2021-09-30 / houxinzhe

高画質な映画はBD(ブルーレイ)や4K、FHD対応のストリーミング配信が主流となる現在、DVDは「画質の悪い媒体」というイメージも強くなってきています。しかし、各メーカーが4Kにも対応させるようなアップスケーリング技術を投入しているおかげでDVDは現在でも主流媒体の一つとなっています。
そんなDVDの画質を「もっと綺麗に見たい」と考えている人は多いのでは無いでしょうか?そこで、おすすめするのが今回ご紹介するPS4になります。PS4にはブルーレイドライブが搭載されており、ブルーレイとDVDのどちらも視聴することができるため、ゲームとしてだけでなく、メディアプレイヤーとしても活用することができるのです。

1.DVD再生にPS4をおすすめするワケ

SONYは以前販売していたPS3に対して、いち早くDVDのアップスケーリング技術を投入しました。その品質は非常に高く、その当時販売されていたBDレコーダやDVDレコーダは非常に高価であったため、PS3はメディアプレーヤーとして一気に普及したのです。
その技術を生かし、PS4でもDVDのアップスケーリング技術を投入しました。DVDを鑑賞するだけであれば、他のレコーダを選ぶという選択肢がありますが、ゲームも出来てメディアプレーヤーにもなってしまうPS4は「選ばない理由が無い」製品と言えます。
また、現在では非常に低価格で入手することができることから、一般のBDレコーダよりもお得な製品であることは間違いありません。

2.PS4で再生できるDVD

PS4は現在販売しているDVD規格のほとんどに対応しているため、特に気にする必要はありません。ただし、リージョンコードの違うDVDは再生できないので注意してください。(海外製のDVD)

「対応しているBD,DVD規格」
BD-ROM、BD-R/RW(BDAV、BDMV)
DVD-ROM、DVD-R/RW、DVD +R/RW(片面2層DLにも対応)

「非対応規格」
CD,BD-REver1.0、BD-R/RE XL、8cmディスク

上記の規格にもかかわらず、再生できない場合はDVD自体の損傷や、特殊な規格のものと思われますので、別の再生機でも再生できるか確認してください。

3.PS4でDVDを再生するための準備

3-1.機能認証
PS4では、DVDやブルーレイを再生する際に、認証を行う必要があります。これは初回だけになるので、一度ネットに接続して本体のアップデートと共に認証手続きを行ってください。(機器認証しないと、ダウンロードゲームのプレイやオンラインプレイの制限など、数々の制約を受けることになります。)

3-2.HDCPを有効にする
プレイヤー機器認証を行うことで、ほとんどのDVDを再生することが出来ますが、HDCP制限の掛かっているものであると、再生できない可能性があります。
HDCPの設定は、「設定」から行います。「システム」→「HDCPを有効にする」を選んでチェックが付いていることを確認してください。

4.PS4でDVDを再生する方法

1. PS4を横置きに設置している場合は、ディスク表面を上にして、ディスクスロットルに投入してください。(半分まで入れると自動で投入されます。)PS4のホーム画面にディスクアイコンが表示されたら選択して次へ進んでください。
PS4を縦置きで設置している場合は、ディスク表面を左にしてディスクスロットルに投入してください。(ディクスレンズの汚れによっては、縦置きで読み込まないこともあります)

2. 次画面で「「Blu-ray Disc/DVDの再生時に、インターネットに接続するのを許可しますか?」というメッセージが表示されたら「はい」を選択すると、ディスクの再生が開始されま
す。

既に一度DVDを再生している場合は、2の手順は必要ありません。また、設定から「DVDの自動再生」にチェックを入れている場合は、ディスク投入直後から再生が始まります。

5.PS4でDVDが再生できない原因

以下の手順を踏んだのにも関わらず、PS4でDVDを再生できない場合は以下の理由が考えられます。

5-1.ディスクに致命的な汚れや傷がある
目視でも確認できるほどの汚れや傷がある場合、DVDを読み込まない場合があります。他の再生機でも再生できるか確認してみましょう。難しい場合は買い換えることも必要です。

5-2.PS4のディスクレンズが汚れている
ディスクレンズは消耗品であるため、使用していると汚れてしまったり、劣化によって使用不可になってしまうことがあります。汚れている場合は、市販のレンズクリーナーを使用することで改善する可能性もあるため、試してみることをおすすめします。その際にはPS4でも使用できるもの、もしくは推奨されているものを使用するといいでしょう。

5-3.規格外のDVDを再生している
リージョンコードの違うDVDであると、再生しないという現象が起きてしまいます。リージョンコードはPS4の販売地域によって異なるため、日本モデルを買えば日本リージョン、北米モデルであれば北米リージョンとなり、日本のDVDであってもPS4本体が北米モデルであると、再生することが出来ないので注意が必要です。

5-4.インターネットに接続していない
PS4は機器認証やプレイヤー認証、本体ファームウェアのアップデートに必ずネットを利用するため、ネット上で接続できる環境を作ることをおすすめします。スマホをお使いであれば、テザリング(携帯電波でWiFiを使う技術)で一時的にPS4をネットに繋いでしまうという方法もいいかも知れません。

5-5.PS4のファームウェアを最新にしていない
PS4は本体の安定性向上、ハッキング防止などのために、定期的に本体を更新しています。そのため、ファームウェアを最新にしていないと、ゲームプレイはもちろん、BDやDVDの再生すらできなくなってしまうこともあるのです。大きな理由がなければ、必ずファームウェアをアップデートしておくようにしてください。

6.PS4に致命的な故障がある(可能性)

再生できない以外に、「挙動がおかしい」「いつもできたことが出来なくなった」などの症状があらわれている場合は故障の可能性があります。SONYカスタマーセンターから修理の依頼を行ってください。

7.PS4でDVDを再生できない場合の対処法

もし、DVDを再生することが出来ない場合は、以下の方法を試すことをおすすめします。

7-1.レンズクリーナーを使う
レンズクリーナーには乾式、湿式の二つがありますが、汚れがひどい場合は湿式を使うことで読み込みが改善されることがあります。ただし、PS4はディスクスロットル式なので、必ず対応しているレンズクリーナーを使用してください。

7-2.DVD以外のディスクを読み込めるか確かめる
ディスクレンズの劣化によって、特定のディスクだけ読み込めないような状況も考えられます。DVD以外のディスクを読み込むことが出来た場合は、早めにレンズ修理、交換などの対策を行うようにしてください。(いずれ全て読み込まなくなります)

7-3.横置き、縦置きを変えてみる
ディスクレンズが劣化したことによって、特定の向きでのみ読み込む場合もあります。そこで、読み込む可能性のある置き方に変更することで、再生することができるかも知れません。ただし、この方法はあくまで応急処置なので、修理を行うことをおすすめします。

8.インターネットが無い状況でDVDを見る裏技

どうしてもインターネットに接続できない環境の人でもDVDを再生する裏ザワをご紹介します。

1. PS4の設定パネルから「デバック設定」を選択します。
2. 「デバック設定」から「ライセンス認証」を選択します。
3. ライセンス認証の項目にある、全ての項目(4つ)にチェックを入れます。
4. ○ボタンを押して、設定を保存する
5. DVDを投入し、「インターネットに接続しないで再生」を選ぶとDVDの再生が始まります。


あまり難しい方法では無いので、「ネットに繋がずにDVDをみたい」と思っている方はぜひこの方法を活用してみてください。

9.まとめ

ここまで、PS4でDVDを取り扱う方法について詳しく解説してきました。なかなか再生できないような場合には設定を誤っていたり、手順が違っていたりするので今一度しっかりと確認してみてください。PS4を利用して快適なDVDライフを楽しみましょう。