ホーム > DVD> 【録画DVD/BDも対応】暗号化されたDVD/BDディスクをPCに再生する方法┃DVDFab Passkeyを徹底的解説

【録画DVD/BDも対応】暗号化されたDVD/BDディスクをPCに再生する方法┃DVDFab Passkeyを徹底的解説

2022-01-04 / 管理人Kokoro

DVDやBlu-rayをPCに再生するなら一時的にそのコピー防止機能を無効にしなければなりません。DVDFab PasskeyはどんなDVD/Blu-rayでも自在にPCに楽しむのに役に立つソフトです。日本でDVDやBDのコピーガードを解除してPCにコピーするのが違法取りますが、再生するだけなら問題無いと思います。DVDFab Passkeyを使って、DVDやBlu-rayをコピーガード付きのISOファイルに変換することもできます。

今回は、DVDFab Passkeyを使ってDVDやBlu-rayをPCに視聴できる方法を紹介します。

基本情報

DVDFab Passkeyはレンタル/セル/録画のDVD・ブルーレイのコピーガードを無効にして、ディスクビデオをダビングもしくはデータ化してPCに取り込むソフトです。ISOファイルにコピーしてPCに保存される時、保護付きか保護なしか選択可能です。
日本だと、DVDコピー/リッピング(DVDのコピー防止機能を解除して、PCに取り込むこと)は、違法となります。ですが、今のところ、個人用のコピーは刑罰の対象ではありません。
対応ディスク
- レンタル/市販/録画のDVD
- レンタル/市販/録画のBlu-ray
- レンタル/市販/録画の4Kブルーレイ

DVDFab Passkeyは、

  • DVDFab Passkey for DVD:レンタル/セル/録画のDVDのコピーガードを無効にしてDVDをPCに取り込むソフト、
  • Passkey for ブルーレイ:レンタル/市販のブルーレイのコピーガードを無効にしてBlu-rayをPCに取り込むソフト
  • Passkey for ブルーレイレコーダー:録画のブルーレイ(BDAVディスク)のコピーガードを無効にしてBlu-rayをPCに取り込むソフト
  • Passkey for 4K レコーダー:録画された4Kブルーレイ(4K BDAVディスク)から暗号化を復号化し、ISOファイルまたはBDAVフォルダーに変換するソフト、

4つのツールからなります。

各ツールを別々で購入してもいいですが、バンドルを購入したほうが得、Passkeyオールインワンを購入したのがもっと得です。

対応コピーガード

CSS、UOPs(IFO/VOB)、APS、RC、RCE、DADC、Disney's Fake、ARccOS/RipGuardなどによる保護、レイヤブレイク、CPRMなど
最新のコピーガード、成人向けのDVD/BD保護、vts保護のディスクなどを含むほとんどのコピーガードが対応しています。Cinavia非対応。

価格

Passkey for DVD、ブルーレイ、ブルーレイレコーダー、ブルーレイの無期限版単価は、それぞれ8849円、11799円、10029円、10029円になりますが、セールキャンペーンが多いため、ご購入の時はぜひセール情報をご注意ください。
最新(2021.11.27)のセール・キャンペーンにより、Passkey for DVD+ブルーレイのバンドル(無期限版)はただ7,227円になります。


Passkey オールインワンは24779(税込み)円になります。

製品バンドルページにアクセスします。
セールページにアクセスします。
ストア、セールページ、バンドルページ、各製品ページのいずれかから購入でき、支払いはクレジットカードです。

DVDFab Passkeyのダウンロード&インストール

ダウンロードページから最新のバージョンをダウンロードしてください。WindowsOSしか対応しません。

後はガイドに従うだけ。

基本的に成功にインストールできますが、万が一うまく行けない場合は、対処法は再駆除してもう一度インストールすることです。具体的なソサは次のようです。
まず「コントロールパネル」における「プログラムの追加/削除」でpasskeyソフトウェアをアンインストール。
次はマイコンピューターを開き、c:\Program Filesまたはpasskeyのインストール先を開いて削除したかを確認。完全に削除しない場合は、手動的に削除。
そして、パソコンを再起動。

DVDFab Passkeyの認証/認証解除

認証

1.デスクトップ上のアイコンをダブルクリックしてDVDFab Passkeyを起動。
2.画面の右下にある「認証」ボタンをクリック。
3.メンバー登録用メールアドレスとパスワードをそれぞれ入力して、「認証」をクリック。
アカウントが無い体験ユーザーは認証をクリックすることなく、直接「DVDFab Passkeyを起動する」ボタンをクリックすればいい。

レジストキー認証解除

原則的に、余計なライセンスを購入しない限り、Passkey のライセンスは1台のPCだけで使えます。
使っているPCを変えたい場合、まず古いPCでPasskeyを起動、PCのデスクトップの右下にあるタスクバーに表示されたPasskeyアイコンを右クリックして、「認証を解除」を選択してから、新しいPCでPasskeyのレジストキーを入力して認証します。
もし、古いPCにアクセスできなくなった場合、DVDFabのカスタムサービスサポートに連絡して、ライセンスキーを解除してもらうしかありませんね。

詳細設定

Passkeyの設定画面で、情報、一般、DVD、Blu-ray、オーディオCD、HD DVD、hybrid disc、除外、Blu-rayプレーヤーのリージョン、外部プログラムいくつの項目があります。ここでよく使われる設定を少し説明します。
ソフト言語設定は、「一般」で行います。

Passkeyがドライブを検出されたら、「情報」でそのディスクのコピーガードなどの情報が表示され、自動的にそれを無効にします。同時に上部の「□」をグリーンになります。

ディスク保護解除されたディスクはプレーヤー6や、PowerDVDなどで再生する時、「Blu-rayプレーヤーのリージョンコード」でブルーレイリージョンコードをリセットすることができます。

もちろん、プロキシの設定や、字幕の透明度変更、成功またはエラー発生時の音、CDデジタル・オーディオのプロテクトの除去、除外されたいドライブなど必要に応じて色々設定することができます。

使い方

手順①:Passkeyを起動して、最初DVDまたはBlu-rayオプションのいずれかを選択して、「DVD Passkeyを起動する」をクリックし。ここでBlu-rayにします。

手順②:復号化したいディスクをBlu-rayドライブに入れます。既にドライブにBlu-rayディスクを入れた場合、Passkeyはそれを自動的に検出して読み取ります。

リージョンジョード指定画面が出たら、Blu-rayディスクのリージョンコードを指定して、「OK」をクリック。通常、リージョンコードはBlu-rayジャケットの背面に記載されています。

手順③:Blu-rayビデオがPasskeyに読み込んだら、タスクバーの右下におけるPasskeyのアイコンをクリックすると、ドライブの情報、ディスクにかかったコピーガードと削除されたコピーガードの詳細情報が記載される設定画面が表示されます。

「□」が緑色になると、コピーガードが成功に解除されたと意味しています。「□」がグレーのままであれば、ディスクに付いたコピーガードが成功に解除されない可能性があります。

これでディスクが復号化され、任意のDVD/Blu-ray再生ソフトで再生できるようになります。
次はビデオをPCに取り込む手順です。

手順④:システムトレイに最小化されたPasskeyのアイコンを右クリックして、「ハードディスクにリンピング(H)」もしくは「イメージファイルにリッピング(I)」を選択します。


ヒント:タスクバーにあるDVDFab Passkeyのアイコンが灰色になると、「DVDFab Passkeyを有効にする」をチェックしてください。
手順⑤:次のポップアップウィンドウで出力「ターゲット」を指定して、「リッピング」ボタンを押します。
※ ご注意:「イメージファイルにリッピング」を選択したら、「プロテクトを除去しない」にチェックを入れる/入れないを選択できます。チェックを入れたら出来上がったISOイメージファイルファイルにコピープロテクトが付きます。処理中、進行状況、経過時間と残り時間などの情報が提供されます。

Passkeyを使う裏技

1.Passkeyアイコンは最小化されデスクトップの右下のタスクバーにあり、使う時そのアイコンを右クリックします。
2.DVDやBlu-rayをISOにリッピングする時、出来たISOに保護付きか付かないかを選択できます。

まとめ

暗号化されたDVDやBDをPCに再生するのがまずコピーガードを無効にしなければなりません。VLCのような無料DVDプレーヤーはほんの握りのコピーガードにしか対応しません。DVDFab PasskeyでDVDやブルーレイをPCに無制限に再生できる他、ISOやフォルダへの変換もできます。ニーズによって、変換済みのISOイメージファイルには保護がつくことも可能です。