全部無料!字幕ダウンロードツール5選

2021-09-16 / houxinzhe

目次

YouTubeでお気に入りの動画をダウンロードしたけど、日本語字幕がなくて物足りない。そんな経験をしたことはありませんか?

コンテンツを楽しむために役立つYouTubeの字幕機能。しかしオフラインの動画を同様に閲覧するには、動画と字幕、2つのデータが必要なことをご存じでしょうか。追加で字幕データを手に入れるため、ぜひ利用したいのが字幕ダウンロードツールです。

字幕ダウンロードツールって?

字幕ダウンロードツールとは、動画の字幕をファイルとしてダウンロードできるアプリケーションです。ここで得た字幕データを追加することで、動画に字幕が付けられます。英語のサイトが多い傾向がありますが、求められる操作は基本的にどのサイトも似通っています。そのため一度やり方を覚えればダウンロードは簡単です。ツールにはインストールする必要があるものと、オンラインで完結するものがありますが、ここでは完全無料で利用できる後者を紹介したいと思います。

多言語学習におすすめ「DownSub」

DownSubはYouTubeをはじめ、Facebook、Dailymotionから直接字幕をダウンロードできる無料のウェブアプリケーションです。srt、txt、vtt などのすべての字幕/キャプション形式のダウンロードをサポートしています。利用に際し、あらゆる種類の拡張機能やサードパーティ製ソフトウェアのダウンロードやインストールの必要はありません。ダウンロードの方法はシンプルで、

1,動画のURLを入力し字幕の形式と言語を選択。
2,ダウンロードをクリック。

これだけで完了します。このサイトの特徴はバイリンガル(デュアル字幕)の作成ができる点。多言語学習に字幕を役立てたい人にとっては、うってつけのツールといえるでしょう。

多機能重視なら「toolbxs」

ツールに多機能を求めるならtoolbxsです。このサイトではYouTube字幕のダウンロードだけでなく、YouTubeサムネイル取得、インスタ動画保存などにも対応しているので、必要に応じて利用できます。なお、ダウンロードできるYouTubeの字幕ファイルはsrtです。使い方も簡単で、以下の手順となります。

1,URLボックスにYouTubeの動画のURLを貼りつけキーを押す。
2,言語とファイルを選んでダウンロード。

もしダウンロードツールの利用が初めてでも、URL入力ボックスの下にダウンロードの手順が画像付きで説明されており、迷うことはないでしょう。

シンプルさを求めるなら「nitrxgen」

nitrxgenは、txt · srt · sbv · vttの字幕をダウンロードできます。対応しているファイルは少なめですが広告もないため、シンプルさを求める場合におすすめです。

デメリットとしては、自動音声認識に対応していない点です。このサイトでは、動画アップロード者が動画のクローズドキャプションを提供している場合にのみダウンロードできます。クローズドキャプションとは、テレビやビデオほか映像ディスプレイに文字表示を出し、追加補足情報を提供する字幕の一種。nitrxgenを利用する際は、自分が欲しい字幕が自動音声認識か否か確認しておきましょう

4つの形式に対応「Stindx」

Stindxは他のツールと同様に、YouTube字幕をダウンロードし、異なる形式で保存することができます。ただし、保存できる字幕の形式はsrt、txt、xml、jsonの4つとなります。こちらのダウンロードの手順は以下のとおりです。

1,URLボックスの欄に YouTube 動画の URL を貼り付ける。
2,ダウンロードボタンをクリックし、希望の形式を選択。

また、翻訳ツールにより字幕翻訳も可能です。

文字起こしもダウンロード可能「SaveSubs」

SaveSubsはYouTube字幕はもちろん、文字起こしもダウンロードできます。こちらのサイトも必要な操作は、URL貼り付けとファイル形式の選択のみです。加えて、SaveSubsではYouTube動画のダウンロードも可能です。「ビデオをダウンロード」の「ダウンロード」を押せば、別のサイトに切り替わり、動画を保存できます。また、SaveSubsは字幕を別の言語に翻訳することも可能。動画データと字幕データを一度にそろえるのに便利なツールです。

srt、txt……字幕形式って一体何?

ここまで紹介してきたダウンロードツールはいずれも無料であり、欲しい字幕があればすぐにダウンロードすることができます。しかしダウンロードのやり方は分かっても、つまづきがちなのが字幕ファイルの形式。ファイルに触れる経験がないと、耳慣れないさまざまな形式に戸惑ってしまうかもしれません。それらは一体何を示しているのか、例としてYouTube公式がサポートしている字幕の形式を見てみましょう。

まずは基本的なファイル形式。YouTubeは初めて字幕ファイルを作成する場合、「.srt、.sbv/.sub、.mpsub、.lrc、.cap」といった一般的な形式をすすめています。これらのファイル形式で必要なのは基本的なタイミング情報だけなので、比較的字幕編集が簡単な形式です。

次に高度な字幕形式とされているのが「smi/.sami、.rt、.vtt、.ttml、.dfxp」です。こちらは字幕のスタイル(マークアップ)や配置をより細かく制御できます。

最後に、放送用のファイル形式に用いられる「.scc、.stl、.tds、.cin、.asc、.cap」です。これらは放送コンテンツにおいて、先述したクローズド キャプションに使用されます。このファイル形式によって、テレビの字幕と同じスタイル、色、位置になるように表示することができます。

これらを見て分かる通り、ファイル形式によって字幕に含まれる効果、配置、タイミング情報が変化することが分かります。サイトよって対応できる字幕形式が異なるので、ツール選びの際にぜひ覚えておきたい点です。

字幕付きで動画を再生する方法

字幕と動画のデータを用意した後は、動画に字幕を埋め込みましょう。この作業には動画プレイヤー、もしくは動画編集ソフトが必要になります。例を挙げてみると、VLC メディアプレーヤー、Handbrake、dvdfab動画編集ソフト、プレーヤー6などほぼすべての動画編集ソフト又は再生ソフトが字幕に対応します。

動画プレイヤーを用いる方法では、MP4動画に字幕を追加します。
字幕付きの動画には、字幕はすでに含まれています。しかしそうでない動画の場合、字幕ファイルを追加して再生しなければいけません。

1、プレイヤーの字幕設定を開く。
2、任意の字幕ファイルを選択し再生中の動画に追加。

以上の手順を踏むことで、字幕付きの動画が再生できます。この方法は、Windows OSデフォルトのプレーヤーであるWindows Media Playerでも可能です。

動画編集ソフトを利用する場合は、MP4動画に字幕を結合します。
こちらの方法では、mp4ファイルを字幕付きの動画に変換することができます。また、変換した動画はDVD/BDに書き込めます。動画編集ソフトには字幕追加機能が備わっているものが多いため、すでにソフトを所有していれば今すぐ作業に取り掛かれるかもしれません。

字幕の文章のみが必要なときは?

ここまで動画と字幕の関係を見てきました。では最後に、語学講座や料理のレシピなど、字幕の文章のみを抽出したい場合はどうすればいいのでしょうか。その際ダウンロードする形式はtxtファイルにすることをおすすめします。txtファイルは字幕の文章のみの形式であり、そのため余計なタイムスタンプの削除に時間を費やす必要はありません。コンテンツは直接簡単にコピーできるため、知っておいて損はない知識です。

字幕で動画を楽しもう

一見難しそうに見える字幕追加の方法ですが、実はとても簡単に、完全無料でできることがお分かりいただけたでしょうか。動画に字幕をつけるメリットとして、内容をより深く理解できることが挙げられます。また、言語の壁を越えて動画を楽しめるのもうれしい点です。語学、音楽鑑賞、その他さまざまなエンタメ体験を字幕で充実させてみませんか。