ホーム > Top> 無料でも可能、pdfをjpgに変換する方法

無料でも可能、pdfをjpgに変換する方法

2021-11-27 / 管理人Kokoro

pdfは様々な場面で活用されていますが、画像のみを必要とする場合や容量を落としたい場合などは、pdfから画像データだけを抽出したりjpgに変換したりしたいところです。とはいえ、これらの操作は別途専用のソフトを必要としています。そこでこちらの記事では、使い勝手の良いPDF画像抽出ツールや変換ツールなどを見ていきます。

pdfとjpgとは

pdfとjpgは、いずれもパソコン上で使用するファイル形式です。どちらの形式も一般的に使われることが多く自由にレイアウトできますが、それぞれに特徴が異なります。

pdfはAdobe社が開発したファイル形式で、画像や文書などを高解像度で忠実に再現できます。一部の例外を除いてフォント情報の埋め込みが行われるので、文書も編集時と同じ状態で閲覧でき、画像だけでなく書面のやり取りでも利用されることが多い形式です。閲覧ソフトは無料で配布されていますが、編集には専用のソフトを必要とします。

jpgは静止画を圧縮するファイル形式の一つで、フルカラー、高画質の保存が可能です。一度圧縮すると元の状態には戻せない不可逆圧縮ですが、圧縮率が高く編集もしやすいので、デジタルカメラのデータなど、色数が多い写真によく用いられます。

画像抽出と画像変換の違い

画像抽出の場合、pdfファイルの中にある文章や表などは抽出せず、含まれている画像データだけをjpgなどの画像ファイルとして取り出します。そのため、画像以外のデータを必要としない場合には効率よく画像を集めることができますが、pdfファイル全体を保存したい時や一部の画像以外のデータもjpgとして残しておきたいときには十分とは言えません。
画像変換は、pdfファイルに格納されているどのデータも画像として保存しますので、pdfデータそのものを少ない容量で保存したいときに便利です。pdfのように文章等の編集をすることはできませんが、閲覧に限定するならばjpgの方がファイルサイズも小さく、動作も軽いので用途によって使い分けると良いでしょう。

おすすめの画像抽出ソフト

PDF画像抽出ツールはパスワード保護がされていないpdfファイルから自動的に画像データを抽出し、jpgなどの画像データとして別途保存するソフトです。操作が簡単で、メイン画面に抽出するpdfファイルをドラッグ&ドロップするだけで自動的に指定フォルダに保存されます。複数の画像データが含まれている場合、元のpdfファイル名に自動的に連番が付与されますので、上書きの心配もありません。bmpやpngなど、jpg以外の画像ファイルとして保存することも可能です。
元々使用されている画像データをそのまま抽出するので劣化の心配がありませんし、一つのpdfファイルに多くの画像データが含まれている場合、一度に取り出せるので使い勝手の良いツールです。

おすすめの画像変換ソフト

頻繁にpdfからjpgに変換する人は、ソフトをインストールしておくと便利です。

Adobe Acrobat Reader DC

こちらのソフトは無料でpdfの閲覧や印刷ができますが、表示されている画面を画像としてキャプチャするスナップショット機能がついています。この機能を利用すれば、画像の貼り付けや保存ができるソフトで様々な形式に変換可能です。
使い方はそれほど難しくありません。まずpdfを開き、ツールバー内にある「編集」からスナップショットを選択し、画像に変換したい範囲をマウスで指定します。「スナップショット完了」のメッセージが表示されたらコピーされている状態ですので、画像の表示や保存ができるソフトを開いて貼り付けを行い、jpg形式で保存すれば完了です。貼り付けを行うソフトによって様座七形式で保存できます。

Adobe Acrobat

こちらはpdfの編集も可能な有料ソフトです。Adobe Acrobat Reader DCではマウスで指定した範囲内しか変換できませんが、Acrobatでは編集中、もしくは閲覧中のpdfデータをそのまま他の形式で保存することができますので、ファイル全体の変換ができます。pdfファイルを開き、「ファイル」メニュー内の「名前を付けて保存」をクリックし、ファイルの種類をjpg等に変えて保存すればいいだけなので簡単です。

PDFelement

こちらも有料ソフトですが、画像の変換だけでなく様々な編集ができる多機能なソフトです。変換を行いたいときはPDF変換を選び、pdfを開いてから、Acrobatのように「名前を付けて保存」を選んでファイル形式を指定します。画像だけでなく、WordやExcel、PowerPointなどに変換することもできるため、使い勝手の良いソフトです。

PDF-XChange Viewer

こちらは画像の変換を含む一部の無料で利用できるソフトです。変換するpdfを開き、メニュー内の「ファイル」から「エクスポート」、「イメージへエクスポート」の順に進みます。画像ファイルの設定ウィンドウが開きますので、イメージの種類からjpgを選択してエクスポートを選べば完了です。

プレビュー

MacのOSに標準装備されているプレビューを使ってpdfを変換することもできます。アプリを開き、変換したいpdfを選んだら「ファイル」メニューで「書き出す」を選びます。設定画面で書き出し名やタグ、保存場所などを指定した後にフォーマットの選択肢でjpgを選び、保存ボタンを押せば完了です。Windowsでは使えませんが、Macユーザーならば新たにソフトをインストールする必要がなく、動作も軽いので便利です。

オンラインで画像変換も可能

ごくたまにしか画像変換を行わない場合、わざわざソフトをインストールせずにオンライン上で画像変換が可能なサイトを利用する方法もおすすめです。無料で利用できて操作も簡単ですが、一度元のpdfファイルをアップロードしなければならないので、信頼性の高いサイトを利用しましょう。

ilovepdf

pdfの変換以外にも、圧縮や分割・結合といった様々な編集ができるサイトです。上部のタブから「PDF変換」を選択し、「PDFから変換」、「PDF JPEG変換」を選択しましょう。画面中央にある「PDFファイルを選択」をクリックしてpdfファイルの保存場所を指定するか、直接ドラッグ&ドロップをします。プレビュー画面と共に表示される変換ボタンを押せばそのままjpgファイルに変換されます。
WordやExcel、PowerPointなどに変換することも、これらのファイルをpdfファイルに変換することも可能です。

smallpdf

こちらのサイトもpdfの編集に加え、WordやExcel、PPTなど様々なファイル形式と相互変換できます。トップページにある利用可能な無料pdfツールの中から「PDF JPEG変換」を選ぶと、中央に「ファイルを選択」というボタンが表示されます。フォルダを選択するかドラッグ&ドロップでpdfファイルを指定すると、ページ全体、もしくは1個のイメージのどちらを抽出するか選択肢が表示されます。pdf全体をjpgに変換したいときは前者、画像データを抽出したい場合は後者を選びましょう。プレビュー画面と共に右側にダウンロードボタンが表示されますので、これをクリックすれば完了です。

PDF to Image

一度に最大20のpdfファイルを変換できるツールです。大量のpdfを変換したいときは非常に使いやすく、操作も簡単です。タブの中から「PDF to JPG」を選んでアップロードボタンからフォルダを指定するか、ドラッグ&ドロップでpdfファイルをアップロードしましょう。「すべてダウンロード」のボタンをクリックすれば自動的に変換作業がスタートします。作業が終わったら個別に変換したファイルをダウンロードできますが、一括で入手する場合はzip形式を選択しましょう。

自分に合ったツール選びで利便性アップ

このように、pdfからjpg画像を取り出したり変換したりするソフトは、無料のものも含めて多数見つかります。操作が分かりやすいもの、軽くて使いやすいもの、多機能なものなど、自分の用途に合わせて使いやすいものを選びましょう。
pdfファイルはオンラインのやり取りで使われることが多いですが、これらのツールを利用すると使い勝手もアップします。