ホーム > Top> 音楽好き必見!YouTubeの動画をMP3に変換するためのフリーソフトを紹介

音楽好き必見!YouTubeの動画をMP3に変換するためのフリーソフトを紹介

2021-12-01 / 管理人Kokoro

誰もが自分の音楽を簡単にアップロードできるのがYouTubeの大きな魅力です。音楽好きの方であれば、その日の気分に合わせてYoutubeで音楽を聞いているという方も多いのではないでしょうか。これらをオフラインの空間でもっと気軽に楽しむためには、MP3に変換して保存するのがおすすめです。

今回は、YouTubeの動画をMP3に変換する際に便利なフリーサイトについてご紹介します。さらに、必ず知っておきたい規約や著作権法に関する注意点についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

YouTube MP3 変換フリーサイト

ここでは、YouTubeのお気に入りの動画をMP3に変換するために無料で使えるフリーソフトをご紹介します。それぞれのサイトに、特徴がありますので、自分の好みにピッタリとあったものを見つけてみてください。

2conv.com

初心者の方でも使いやすいと人気なのが2conv.comです。変換したいYouTubeのURLをはりつけ、希望のフォーマットとしてMP3を選択、最後に「変換」をクリックするだけで、誰もが簡単に利用することができます。音質の設定ができないものの、基本的には192kbpsというビットレートに設定されているため、音質に問題はないといえるでしょう。MP3だけでなく、MP4、AVI、AVIHDなどからも自由にフォーマットを選ぶことができます。
非常に使い勝手のよいフリーサイトではありますが、注意点としては、2時間以上の動画には対応できないこと、ウイルス検出という広告が表示される可能性があることがあげられます。

Online Video Converter

地名度が高いフリーサイトとしてあげられるのがOnline Video Converterです。その使い勝手の良さから、多くのファンに支持されているサイトでもあります。使い方はシンプルで、変換したい動画のURLをはりつけ、フォーマットや音質を指定するだけで、簡単に変換することができます。
MP3のほかに、mpa、wma、aacなどさまざまなフォーマットに対応している上に、音質も64kbpsから320kbpsまでの6段階の中から選ぶことができ、非常に自由度が高くなっています。また、YouTubeの動画の時間指定ができるため、動画の途中からでも問題なく変換が可能です。
注意点としては、若干の広告があり、場合によっては邪魔に感じるということがあげられるでしょう。

FLVTO

MP3に変換するスピードが比較的早いことで知られているのがFLVTOです。MP4やMP4HD、AVIなどのフォーマットに対応しています。使い方は、変換した動画のURLをはりつけ、「化す」をクリックして動画を変換、そこからダウンロードを行うという流れになっています。そこから、メールやDropBoxへ送信することも可能です。
注意点としては、音質を指定することができない、変換中にウイルス検出の広告が表示されるという点があげられます。また、3時間以上の動画や、1部の動画にも対応していない場合があります。

dirpy

とてもシンプルな作りで使いやすのがdirpyです。Mp3、Mp4、3gp、webmに対応しているサイトです。
まずは、変換したい動画のURLをはりつけたら、カスタマイズのための画面があらわれます。「Record Audio」という項目を選ぶと、動画の中で変換したい部分のみを選択することが可能です。また、音質も65kbpsから320kbpsまでの6段階の中から選ぶことができ、自分の好きなようにカスタマイズできるのが魅力となっています。
注意点としては、ダウンロードの際に、いくつかのポップアップが表示されるという点です。間違ってクリックをしないように気をつけましょう。

Offliberty

広告が少なく見やすい上に、安全性が高いと言われているのがOfflibertyです。MP3、MP4に対応しています。まずは、変換したい動画のURLを入力し、「Enter」を押すことで動画の抽出を行います。次に「Extract audio」を選択することで、MP3への変換が始まります。これらをダウンロードするためのボタンや表示は設定されていませんので、右クリックで「リンク先を保存」を選択する必要があります。
安心して使用できるサイトであるものの、日本語表記に対応していないため、ある程度の簡単な英語を理解する必要があります。

各無料サイトを比較

ここでは上記にあげた無料サイトを、さまざまな観点から比較していきます。
まずは手軽さという面でみると、2convとOnlinVideoConverterが一番使いやすいといえます。シンプルで操作性に優れているため、パソコンに詳しくないという人や、初めて動画をMP3に変換するという方におすすめです。また、フォーマットや音質を自由に設定したいという方は、OnlinVideoConver、dirpyを使用しましょう。また、できるだけ素早く変換を行いたいという方は、FLVTOを利用するのがよいでしょう。怪しい広告をできる限り避けたいという場合には、Offlibertyがおすすめです。

その他の変換方法

変換サイトを使用する以外に考えられるYouTubeの動画をMP3に変換する方法についてご紹介します。変換サイトでうまくいかなかったという場合には、こちらの方法を検討して見るのがよいでしょう。

Youtubeの動画をそのままMP3としてダウンロードする方法

この方法では、変換をせずに、そのままMP3としてダウンロードする為、変換のための操作が必要ないというのが魅力です。なかでも使いやすいと評判なのがEaseUS MobiMoverと呼ばれるソフトです。本来は、iPhoneのデータを移行する際に使用されるものですが、その中にあるYouTubeをダウンロードする機能も備わっています。この動画をダウンロード開始するときに、ファイルのフォーマットとしてMP3を指定するだけで、簡単にMP3として動画をダウンロードすることができます。
完全無料で利用できるうえに、無料版では1日20個までの動画をダウンロードできます。また、動画の品質を設定したり、スマホに移行したりというのも簡単に行うことができるでしょう。
操作としては、左側にあるメディアの中からビデオのダウンローダーを選択、真ん中のボックスにダウンロードしたいYouTube動画のリンクを貼り付け、ダウンロードボタンをクリック、品質を設定した上でMP3を選択し完了です。保存先として、スマートフォンを選ぶこともでき、使い勝手の良いソフトといえるでしょう。

すでにダウンロードした動画をMP3に変換する方法

すでにYouTubeの動画をダウンロードしているという場合には、その動画からMP3にファイルを変更するという方法を取ることもできます。これに関しては、比較的多くのサイトやソフトで簡単に行うことができるので、自分の好きなものを活用するのがよいでしょう。
ここでは、EaseUS Video Editorという動画編集ソフトをご紹介します。こちらのソフトを使用すると、MP3だけでなく、AACなどの他のファイル形式にも変更ができます。まずは、ソフトを立ち上げたら、「ファイル」、「インポート」、「ファイルをインポート」を順に選択し、YouTubeからダウンロードした動画を選択します。次に、編集バーで右クリックを押して、「デタッチ」を選びましょう。デタッチとは、動画と音声を分離させる機能のことです。ここで分離した動画の部分を削除し、残った音声をMP3で出力すれば完了です。
このように、すでにダウンロード済みのYouTube動画を持っている場合には、音声のみを取り出す方法を試してみるのがよいでしょう。

YouTube動画をMP3に変換するのは違法?

YouTubeの動画をダウンロードするにあたって、著作権法やYouTubeが定めている規則について知っておく必要があります。とくに、著作権法に関しては改正が続けられているため、注意しましょう。

YouTubeにはダウンロード禁止条約がある

YouTubeの利用規約としては、事前の認証や許可がある場合をのぞいて、複製、ダウンロード、配信などでの使用を行うことを禁止しています。つまり、アップロードした人の許可を得ていないまま、ダウンロードしMP3に変換するという行為は、利用規約に反することになります。

違法にアップロードされた動画のダウンロードも違法行為

今までの法律では、違法に動画をアップロードした人だけが刑罰の対象となっていました。しかし、近年の法改正により、違法アップロードされたものだと知った上でそれらの動画をダウンロードした人も刑罰の対象となりました。著作権法違反として、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金が課せられるため、注意が必要です。また、違法ダウンロードは「親告罪」となっており、動画の著作権をもつ被害者が告訴して、はじめて逮捕という形になります。実際に違法ダウンロードされている証拠を集める必要があるため、現実的には被害の正確な把握が難しいという側面があるのも事実です。
YouTubeの動画からMP3に変換するという場合には、それらの動画が違法にアップロードされたものではないか、しっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

今回は、YouTubeの動画をMP3に変換するために使用できるフリーサイトについてご紹介しました。これらのサイトを利用することで、素早く簡単にフォーマットの変更、保存を行うことができます。それぞれのサイトを使用してみて、自分にとって使い勝手のよいものを選んでみてくださいね。
YouTubeの規約や著作権法をしっかりと守った上で、あくまでも個人使用の範囲以内で音楽を楽しみましょう。