WindowsでVLCでブルーレイを再生する方法┃Java保護・AACSが付いたBDが再生できない時の対処法

2021-09-13 / houxinzhe

VLC(VLC media player「VLCメディアプレイヤー」)は完全無料なBlu-ray再生ソフトとして名を馳せます。VLCメディアプレイヤーはCD、DVD、Blu-ray、ディスク、ファイル、ウェブカム、デバイス、ストリーム全般を再生できる定番の無料メディアプレーヤーです。ほとんどのコーデックに対応し、スパイウェアフリー、広告なし、高速かつパワフルなシンプルソフト。Windowsとmac両方で利用できるだけではありません。androidとIOSなどの端末にも対応しています。
それを使って市販のコピーガードがかけられたBlu-rayを再生できますか?すべての保護に対応しますか?aacsに暗号化されたブルーレイディスクを再生できますか?AACSの復号ライブラリーとは何ですか?VLCでBlu-rayを再生できない時はどうすればいいですか?ここで主にWindowsでVLCを使ってAACSが付いたBlu-rayを再生する方法及びコピーガード対応のBlu-rayソフトを紹介します。

残念ですが、周知のように、VLCメディアプレーヤーはオープンソースのフリーソフトウェアですから、市販・レンタルのDVDもしくはBlu-rayのコピーガードを解除して再生することは禁止されています。つまり、VLCはBlu-rayを再生する機能がありますが、AACSがかけられた市販のBDディスクは、直接に再生することができません。AACSを除去しないと、Blu-rayを再生する際、「このブルーレイディスクはAACSの復号ライブラリが必要ですが、あなたのシステムにはインストールされていません」とのメッセージが表示されます。

しかし、Keys database(キーデータベース)とAACS dynamic library(AACS復号ライブラリ)のファイルがあれば、AACSがかけられたBlu-rayも対応でき、VLCで、直接Blu-rayを再生できるようになります。

VLCメディアプレーヤーによく見られるエラー種類

VLCメディアプレーヤーでBlu-rayを再生する際、コピーガードによるエラー種類が多い。通常、次のようないくつかのエラーがあります。
• ブルーレイエラー:このブルーレイディスクはAACSの復号ライブラリが必要です。あなたのシステムにはインストールされていません。
• AACS構成ファイルに有効な処理キーが見つかりません。
• AACS構成ファイルがありません!
• Javaが必要です:このブルーレイディスクはメニューにJavaが必要です。システムにJavaが見つかりません。このディスクはメニューなしで再生します。
• ブルーレイエラー:このブルーレイディスクはBD+の復号ライブラリが必要です。あなたのシステムにはインストールされていません。
• 入力を空くことができません:VLCはMRL 'bluray:///X:/'を開けません。詳細はログを確認してください。
• VLCはブルーレイの読み込みを維持しますが、何も表示されません。
AACSの復号ライブラリとJavaによるエラーは何かの裏技で何とか解消できますが、他の問題を解決するには、コピーガードがかけられたBlu-rayディスク対応の再生ソフトが必要です。後でAACSの復号ライブラリとJavaによるエラーの対処法を紹介します。

VLCメディアプレーヤーのダウンロード手順

1.公式サイトにアクセスして「ダウンロードVLC」ボタンを押してVLCをダウンロードします。
2.数秒後、.exeファイルがダウンロードされ、クリックしてインストールし始めます。
3.インストール後、VLCを実行します。


4.ソフト言語は自動的ですが、も日本語化もしくは言語を変更する場合は、「ツール(Tool)」≫「設定(settings)」≫「インターフェース(Interface)」≫「言語(language)」の順に操作します。

Keys databaseとAACS dynamic libraryファイルの入手方法

1.このリンクをクリックします。
❅上記のリンクをクリックすると、PCが不安全なリンクと判断する場合は、「詳細設定」をクリックして一番下のリンクから進みます。


2.すると、次の画面が表示されます。


3.黄色の「get the file 」をクリックして、Keys databaseの.cfgファイルが入手できます。また警告メッセージが表示される場合は、「保存」をクリックします。


4.PCのシステムに合わせるバージョンのAACS dynamic libraryを選択して「that file 」を押します。また、Keys databaseをダウンロードしたときのと同じ警告メッセージが表示され、「保存」を選択して続きます。まもなくAACSの復号ライブラリーの.dllファイルが手に入れます。

VLCで直接AACSが暗号化されたBlu-rayを再生してみよう

Keys databaseとAACSの復号ライブラリーファイルが入手されたら、次はVLCを使って直接AACSが付けたブルーレイディスクを再生しましょう。
1.VLCを実行します。
2.まずはC:\ProgramDataフォルダーにaacsフォルダーを作成し、それからキーデータベースファイルを中に入れます。
次は、AACSの復号ライブラリーファイルをVLCのディレクトリーに入れます。具体的に、「C:Program Files」を開いて、「Video LAN > VLC」を参照してVLCフォルダを開けて、「AACS DYNAMIC LIBRARY」のファイルを入れます。
3.「C:\Users\your username\AppData」を開き、隠しファイルを有効にしているかどうかをチェックします。隠しファイルを表示する場合は、メニューバーの「表示」から「隠しファイル」にチェックを入れます。


もしくは、フォルダーオプションの「表示」画面で、最も右の「オプション」をクリックし「フォルダーと検索のオプションの変更」をクリックして開きます。

そして新たなフォルダーオプションダイアログで「表示」に切り替え、「隠しファイル、各市フォルダー、及び隠しドライブを表示する」を選択して、「OK」を押します。

4.光学ドライブがパソコンにセットされ、AACSが付けたBlu-rayを入れて、VLCメディアプレーヤーのメニューバーにある「メディア」から「ディスクを開く」をクリックして再生したい光学ドライブを選択してから自在にBlu-ray映画を楽しみましょう。

注意事項
キーデータベースとAACS復号ライブラリをインストールしたらすべてのBlu-rayディスクを再生できるわけではありません。キーデータベースとAACS復号ライブラリをインストールして再生できるBlu-rayはAACSが付いたBlu-rayだけです。AACSを除いて、リージョンコード、UOPs、Java保護、CCIなど様々なBlu-rayコピーガード種類があります。

VLCでJavaをインストールする方法

VLCでメニュー付きのBlu-rayを再生するには、Javaが必要です。Javaがインストールしないと、Blu-rayを再生する時、次の警告メッセージが表示されます。
「Javaが必要です:このブルーレイディスクはメニューにJavaが必要です。システムにJavaが見つかりません。このディスクをメニューなしで再生します。」

ちなみにBlu-rayのメニューを作成する必要な場合は、multiAVCHDというフリーソフトがおすすめです!
Javaは無料で入手できます。次はJavaのインストール手順です。
1.Javaの日本語公式サイトにアクセスして「同意して無料ダウンロードを開始」ボタンをクリックして、Javaをダウンロードし始めます。


2..exeファイルをクリックしてJavaようこそ画面が表示され、「インストール」ボタンをクリックします。

3.インストーラーをダウンロードします。

4.Javaセットアップ進行中

5.Javaのインストールが完了です。


❅注意:
1.Javaをインストールしない場合はBlu-rayを再生できないのではありません。メニューなしでBlu-rayを再生できます。
2.Javaをインストールしたくない場合、再生する前に、「メディア」≫「ディスクを開く」≫「メディアを開く」ダイアログで「ディスクメニューなし」をチェックすればいいです。これで「Javaが必要です」というエラーメッセージを表示させないようになります。もちろん、Blu-rayを再生する時メニューがありません。
3.Javaをインストールしてもエラーメッセージが依然として表示し、ディスクのメニュー対応はしないことが多い。
要するに、Javaのインストールは非推奨です。

コピーガード対応のBlu-ray再生ソフトおすすめ 2選

キーデータベースとAACS復号ライブラリとJavaをすべてインストールしてもすべてのBlu-rayを再生できるわけではありません。AACSとJava保護を除いて、他のコピーガードが付いた場合はVLC以外のBlu-rayプレーヤーを使うしかありません。ここでVLCの代わりになるいくつかのBlu-ray再生ソフトを推奨します。

DVDFab プレーヤー 6(有料)

Windowsとmac両方で使え、市販・レンタルBlu-rayディスクはもちろん、最新のBlu-rayディスクもアダルトBlu-rayすべて対応している有料プレーヤーです。4K Ultra HD Blu-rayムービーのメニュー / HDR10を完全サポートしています。毎回光学ドライブを使ってDVDやBlu-rayを再生するのがもう時代遅れ!ISOファイルとしてプレーヤー6にインポートしましょう。それに、ローカル映画を動画配信サイトみたいにポスターの形できれいに並べることができます。PCモードで通常の映画鑑賞の形が嫌なら、PCでTVを見るような体験ができるTVモードに切り替えましょう。3Ⅾ再生や
早送りなど他のいろいろな機能もたくさん備えています。

Leawo Blu-ray Player(無料)

WindowsとMAC両方対応の無料なBlu-ray再生ソフトです。AACSのような通常のコピーガードがかけられたブルーレイディスクも対応することができます。ただし、最新のBlu-rayコピーガードやVTS保護などに対応しません。再生するには、Javaのインストールが必要となります。他の広告がないが、Leawo自社の製品広告が多い。インストーラーのダウンロードに10分以上かかります。

まとめ

VLCメディアプレーヤーにはレコーディングや、URL再生、壁紙として設定、スナップショットを取る、エフェクトとフィルターなど様々な高級な機能が搭載されています。コピーガードが対応されないのはオープンソースから開発されたフリーソフトウェアなので、違法解除が禁止されたからです。AACSが付いたBlu-rayや、自作のDVD・ブルーレイを再生するなら、VLCメディアプレイヤーが超おすすめです。最新のコピーガードが追加Blu-rayでなければ、AACSを含む通常の市販のコピーガードが付いたBlu-rayを再生するには、Leawo Blu-ray Playerを試してもいい。すべての市販のBlu-rayのコピーガードに対応するプレーヤーを探しているなら、DVDFab プレーヤー 6を使いましょう。