ホーム > How To> ゲーム実況はこれで完璧!画面録画ソフトBandicamの使い方【徹底解説】

ゲーム実況はこれで完璧!画面録画ソフトBandicamの使い方【徹底解説】

2021-11-25 / 管理人Kokoro

YouTubeなどでよく見るゲームの実況動画。「あれって、どうやって録画しているの?」と疑問に思ったことはありませんか?また、「自分のゲーム実況動画も作ってアップしたい!」と思っている人も増えてきているのではないでしょうか。
また、「PCの作業を動画にして共有したい」という人もいると思います。作業方法を口頭や文字で伝えるのは難しいので、画面を録画できたら効率的ですよね。

今回は、高画質でゲームプレイ動画やPC画面を録画できるソフト”Bandicam”の使い方を徹底解説していきます。操作方法は簡単ですので、一度使ってみればすぐに慣れるはず。ダウンロードの方法から優しく解説していきますので、初心者の方でも安心してください。

1. Bandicam概要

Bandicamはいわゆる「キャプチャーソフト」と呼ばれるソフトの一種で、画面で行われていることをそのまま録画してくれるソフトです。10年以上前から存在するソフトで、数あるキャプチャーソフトの中でも特にゲーム実況動画を作る人に大人気です。
そんなBandicamの概要から説明します。

• Bandicamソフト概要
対応OS :Windows
費用 :一部機能は無料(後で詳しく説明します)

• Bandicamでできること
・PC画面を高画質で録画
・ゲーム動画のキャプチャー(2Dや3D対応)
・外部デバイスの録画可能(カメラやスマホ、マイクなど)

玉にキズとも言えるデメリットは、Mac OS非対応というポイントでしょうか。音声やカメラなどの情報も録画に取り込めるので、ゲーム実況にはとてもありがたいソフトです。

2. Bandicamのダウンロード方法

それではダウンロードしていきましょう!ありがたいことにBandicamは日本語HPがあり、ダウンロード前から日本語で進められます。初心者でも安心ですね。

1) ダウンロード
まずは公式ページからダウンロードします。トップページに「ダウンロード(無料)」という青いアイコンがあるので、そちらをクリックしましょう。
(すでに有料版の購入を心に決めている人は、緑の「製品版購入」をクリックしてください。どちらか迷っている人はひとまず無料版で試しに使ってみましょう!)

ダウンロード画面に移るので、さらに「Bandicamダウンロード」という青いアイコンをクリック。ダウンロードが始まります。


2) インストール前のセットアップ
ダウンロードができたら、インストール前の各種設定を行います。
まずはダウンロードしたファイルをクリック。始めに言語設定の画面が現れるので、「日本語」を選択して「OK」をクリック。

セットアップウィザードが現れます。「次へ」をクリック。

続けて「ライセンス契約書」が表示されるので、「同意する」をクリックして次に進みましょう。
次は「コンポーネント選択」画面になります。基本的には全てチェックを入れた状態で大丈夫ですが、デスクトップにアイコンを作りたくない場合は最後のチェックは外してから次に進みます。

最後にインストール先を選ぶ画面になりますので、フォルダを選んで「インストール」をクリックすればインストールが開始します。

下記の画面が現れたらインストール完了、これで使用開始の準備ができました!

3. Bandicamの使い方

ダウンロードが完了したら早速使ってみましょう。

1) 初期設定
快適に使い始めるために、いくつかの設定を先に済ませておきましょう。

• 音声録音をONにする
録画に自分やPCの音声を入れたい場合は、あらかじめ音声もキャプチャーできるように設定しておきましょう。
画面左の「ビデオ」メニューから、「詳細設定」に進み、「音声>基本オーディオデバイス」から、スピーカーをマイクのデバイスをそれぞれ選んでおきます。PCの音声(ゲーム音など)はスピーカー、自分の音声はマイクですね。
ここで正しいデバイスを設定しておくと、音声キャプチャは完璧です。

• カーソルの設定(&効果をつける)
PC画面上のカーソルを録画するかどうか設定できます。
「ビデオ>詳細設定>マウス」から、マウス効果でカーソル表示にチェックが入っていると、カーソルが録画される設定になっています。
表示したくない人はチェックを外しておきましょう。

また、クリックした際の効果なども設定できますので、自分好みの設定にしておきます。効果をつけることで動画がグッとプロっぽくなります。

他にも細かい設定はできますが、ひとまずはこの2つを済ませておけば大丈夫です。
「もっと色々設定してからはじめたい」という心配性な人は、詳細設定をいろいろいじってみてください。設定自体はシンプルなので、難しいことは考えずに操作できます。


2) 録画モードを選ぶ
Bandicamには2つの録画モードがあります。録画したいゲームによって使い分けましょう。
使用するモードを事前にクリックします。

<2つの録画モード>
画面録画モード :ブラウザ上のゲームを録画するとき(下の画面左アイコン)
ゲーム録画モード:ストリームゲームを録画するとき(下の画面右アイコン)

画面録画モードを使用する際には、録画する領域を指定しておきます。アイコン真ん中の下矢印の部分をクリックして、「フルスクリーン」「指定した領域」などからお好みのものを選びます。

※ちなみに、3つ目のモード「デバイス録画モード」も存在しますが、上級者向けなので今回は説明に含めていません。上の2つのアイコンの右横にあるアイコンがデバイス録画モードです。外部接続したカメラやプレイステーションなどのデバイスを紐付けてキャプチャーすることができます。

3) 録画を始める
録画モードを選んだら、早速録画を開始しましょう!
ゲームの準備も整ったら、ソフト右上の赤いボタン「REC」をクリックすると録画が開始します。

ゲームの画面上に数字(緑色)が表示されたら、きちんと録画されている証拠です。

録画を止めるには、同じ赤いボタン(■が表示されています)をクリックすると完了です。

4. Bandicam無料版・有料版の違いは?

Bandicamには無料版と有料版があります。
大きな違いは2つで、無料版は以下の制限があります。

① 10分までしか録画できない
② 動画にロゴが挿入される

ゲーム実況動画を快適に撮るなら、10分は短いと感じる人がほとんどでしょう。無理矢理無料で使い通すなら、10分刻みで動画をとり、それぞれを別の動画編集ソフトで繋ぎ合わせて1本の動画にするという荒技もあります。
ただし上の2点以外の機能は、無料版でも有料版でも同じと考えると、なかなか良心的なソフトと言えます。

ちなみに有料版のライセンス料は現在4,400円。月額ではないので、長期間たくさん使いたいという人には悪くない値段設定でしょう。また、PCを2台以上持っている人は、数量割引を使って複数のライセンスをお得に購入することも可能です。

5. まとめ

ゲーム実況動画やPC画面録画に役立つソフトBandicamの使い方を紹介しました。
動画の需要がどんどん高まっている今、こういったソフトが使いこなせると効率的に動画作成が進みます。使い方はとてもシンプルなので、気になる方はまずは無料版から試してみてくださいね。