ホーム > DVD> DVDFab DVD 作成を使って初心者でも簡単にDVDを作ろう!

DVDFab DVD 作成を使って初心者でも簡単にDVDを作ろう!

2021-11-25 / 管理人Kokoro

スマートフォンやタブレットで撮影した動画や、オンライン上で何度もみてしまう動画などもあるでしょう。できれば保存しておきたいと思ったことはありませんか。そこでご紹介したいのがDVDfab DVD 作成というソフトです。だれでも簡単に、自分だけのオリジナルDVDを作れます。今回はこちらのソフトの機能について解説し、実際にどのようにしてDVDを作るのかその手順をわかりやすく説明していきましょう。

DVDFab DVD 作成って?

DVDFab DVD 作成は、DVDfabというソフトウェアのシリーズのひとつです。さまざまな種類の動画を、家庭用DVDにコピーできるオーサリングソフトとなります。全世界で1億回以上ダウンロードされており、多くの利用者が存在します。

DVDに動画を書き込んで楽しむためには、まずDVD-Videoフォーマットに変換しなければなりません。そこでDVDfab DVD 作成は、その変換を自動でおこない動画をDVDにコピーしてくれるソフトです。AVI・MKV・MP4・WMVなど、動画には数多くの形式があります。そのなかでもDVDfab DVD 作成は、180種類以上の動画形式に対応しています。動画作成する際も誕生日や結婚式など、さまざまなシーンで活用できるよう豊富なメニューやわかりやすい機能があるのです。初心者でも簡単にDVD作りを楽しめるでしょう。

出力フォーマットはDVD(DVD-9、DVD-5)、ISOイメージファイル・フォルダと3つあります。パソコン・テレビ・DVDプレーヤーなど、再生環境にも柔軟に対応しているのです。また複数ある動画を、ひとつのDVDにまとめられる機能が搭載されています。こちらはそれぞれの動画における、フォーマットが異なっていても使えます。まとめた動画はプレビューで確認し、調整も可能です。

もとの動画のクオリティを保持したまま高速で処理ができるため、ストレスなくDVDの作成ができるでしょう。また家庭用のDVDプレーヤーだけでなく、PS5やXBOXなどゲームハードでの再生にも対応しています。

ダウンロードと設定の方法

それでは実際、どのようにパソコンへダウンロードしたらよいかについて解説していきましょう。まずこちらのソフトをダウンロードするために、必要なパソコンスペックについてお伝えします。

OSのバージョンについて

最初にOSについてですが、WindowsもMacも使えます。バージョンはWindowsなら7以降のもの、Macは10.10以降のものとなります。必要なメモリは2GB以上で、HDDが20GB以上空いているかどうかをご確認ください。空のDVDも必須となります。

ダウンロード方法

ご自身のパソコンがダウンロードに充分なスペックであることがわかれば、いよいよソフトの取り込みを開始しましょう。まずDVDfabのホームページから、DVDfab 12というタブをクリックしてください。そうするとさまざまなソフトが確認できます。そのなかからDVD 作成を選んでください。


DVDfab DVD 作成のページへ飛びましたら、無料版のダウンロードボタンと有料版のダウンロードボタンがあります。今回は無料版をクリックし、ダウンロードしてみましょう。


クイックダウンロードの画面が出ます。カスタムをクリックし、ユーザー使用許諾誓約書にチェックを入れてください。パソコンのデスクトップにショートカットを作成したい場合は、そちらにもチェックをいれてクイックダウンロードをクリックしましょう。


「購入」「認証」「体験」のいずれかを選択する画面が出てくるため、「体験」を選んでください。そうするとDVDfab 12で体験できるソフト一覧が表示されるため、ここでも「体験」をクリックしましょう。これだけでDVDfab DVD 作成の、ダウンロードと設定は完了です。

DVDfab DVD 作成の使い方

無事ダウンロードができたら、次は動画をDVDにコピーする方法についてご説明します。DVDfab 12を起動させると、画面上部に「コピー」「リッピング」「変換」「作成」と並んでいます。このうちの「作成」を選んでください。

動画を読み込ませる

画面中心に「+ボタンをクリックして入力読み込み。またはファイルをドラッグ&ドロップ」とあります。ここにDVDへコピーをしたい動画を選んで、読み込ませましょう。複数の動画を1枚のDVDに保存したいときは、都度動画を読み込ませてください。

装飾と出力設定

動画の読み込みが終わったら、お好みで動画のオープニングメニューをテンプレートから選べます。背景画像・再生・停止・サムネなど、自分でカスタムできます。動画のイメージに合うものを選択して、オリジナリティを演出してみてください。テキストもあるため文字の追加も可能ですが、日本語対応はしていないため注意しましょう。

動画の比率や出力などについては、詳細設定から変更ができます。出力をクリックしてみると、「DVD5」と「DVD9」があります。DVD5は片面1層・DVD9は片面2層といい、大きな違いは記憶容量です。DVD5は1時間程度、DVD9は2時間程度の容量があります。

しかし価格はDVD5のほうがたいへん安価です。大量にDVDを使って保存したい方や、容量がそれほど必要ない方は、基本的にはDVD5の利用をおすすめします。ビデオ画質はこだわりがなければ「ディスクサイズに合わせる」を選択しましょう。

DVDにコピーをする

ここまでの設定が完了したら、左下にある出力先に注目してください。出力先は3種類ありディスク(空のDVD)、パソコンそのものへ保存・ISOイメージファイルです。もしパソコンのHDD(パソコン本体)へ動画を保存したいのであれば、フォルダまたはISOイメージファイルを選択してください。開始ボタンをクリックすれば、すぐに保存を開始します。

今回の本題であるディスクへの保存の場合、空のDVDを挿入し保存先をドライブにしてください。DVDにもいくつか種類があり、このソフトで対応可能なのは、以下のとおりです。
 DVD-9
 DVD-5
 DVD+R / RW
 DVD-R / RW
 DVD+RDL
 DVD-RDL
購入の際には確認をしてください。最後に右下の「開始」ボタンをクリックすれば、DVDへのコピーが完了します。

H2 DVDfab DVD コピーとの違いは?

ソフトを立ち上げたとき、上部にあるボタンの並びのなかに「コピー」があります。こちらがDVDfab DVD コピーとなります。DVDfab 12は複数の機能が搭載されたソフトを、ダウンロード可能です。DVD 作成をダウンロードすると、DVD コピーも機能の一部として一緒にダウンロードされます。

このふたつの違いについてですが、DVD 作成は自身で撮影した動画やオンライン上の動画を、DVDへ書き込みすることです。それに対しDVD コピーは、DVDに収録されているデータを空のDVD-Rへ複製するものです。自作のDVDを複製できれば、友人や知人など複数人にプレゼントできますね。DVD 作成は元動画をDVDへ焼くという機能なため、間違えないように注意しましょう。

リッピング、変換はどういった機能?

その他にもDVDfab12にどのような機能があるか確認してみましょう。

まずリッピングとは、DVDに収録されているデータをパソコンやスマートフォンなどに保存できる機能です。ただ保存するだけではなく、以下のようなさまざまな動画のフォーマットに変換可能です。
 MP4
 MKV
 AVI
 FLV
 WMV
 M2TSなど

DVDから音声のみを抽出して、以下のような音声フォーマットにも変換できます。
 MP3
 AAC
 FLAC
 WAVなど

DVDから音声のみを抽出して、いったいどう活用するのかと思うかもしれません。たとえば気に入っている歌手のライブDVDは、編集されたCDで聞くよりも生歌の迫力と臨場感を味わえるでしょう。これをDVDから抽出し、スマートフォンに保存していつでも聞けるようできます。またCDに書き込みをして、通勤時に車内で流せるようになるでしょう。

ただし著作権保護のために、DVDから情報を抜き取ることを防ぐ「コピーガード」という機能がついているものに対しては、動画や音声を抽出することは違法です。以前は私的利用の場合問題なかったものの、現在は私的利用であっても法律で禁じられています。リッピングやコピーを利用したい場合には、このコピーガードがないものや個人撮影の動画で楽しみましょう。

次に変換はDVDのデータをBlu-rayに変換できる機能です。Blu-rayディスクはたいへん高機能で、まず容量はDVDの約5倍です。具体的に数字で示しますとまずDVDの容量は片面1層4.7GB、片面2層で8.5GBとなります。使い方でもご紹介したとおり、1層がDVD5で2層がDVD9となり、紹介のなかでは1層のDVD5で充分ではとお伝えしました。

それではBlu-rayの容量はといいますと、片面1層25GB、片面2層で50GBとなります。これだけでもBlu-rayのポテンシャルがわかるでしょう。価格も大きな差はないため、DVDに保存をしたものの数が多く場所を取るという場合、ひとつにまとめられれば非常に助かるでしょう。また画質や音質は、DVDより高品質なものとなっています。もとのデータのクオリティを損なうことなく、Blu-rayへ変換ができるのです。

ソフトを使ってみた感想

ホームページからダウンロードし、設定・動画の読み込み・DVDへのコピーまで、ほとんどつまることなく作業を進められました。設定の段階で「認証」と「体験」のボタンに少し戸惑いましたが、それ以降はみればすぐにわかるようになっています。基本は動画を読み込んで、空DVDへ書き込みを開始すればよいため、まったく手間がかかりません。

DVDfab DVD 作成をダウンロードしたと思っていたら、複数の機能が搭載されたソフトであることには驚きました。むしろさまざまな機能がついていて、お得な商品であると感じました。DVD 作成以外の機能についても興味深く、せっかくダウンロードしましたので30日間あるお試し期間に使ってみたいと思います。

まとめ

今回のソフトを手順どおりにダウンロードすれば、初心者の方でも簡単にDVDを作れるでしょう。DVDへ保存をしておけば、時間がたってもすぐに取り出して思い出をみられます。

ただしもう一度ご説明いたしますが、保護されているDVDから情報を抜き出すことは、たとえ私的利用であっても違法です。法の範囲内で楽しむにはまったく問題ありませんので、モラルを守ったうえでぜひ活用してみてください。